ヒント1:横領の行為をする方法

Anonim

多くの場合、大企業、企業、組織は、特定の材料、文具、備品など盗難行為を特定します。 これを考慮して、特別な罰則、重大な処罰、さらには解雇さえもが、従業員または盗難を犯した従業員に課されます。 このような状況を鑑みると、 盗難行為をどのように作成するか、およびそのような行為が必要であるかどうかという問題があるのは、企業の責任者の前にあることが多い。

命令

1

そのようなものとして、従業員による雇用主財産の横領という特別な行為は存在しないことにすぐに注意すべきです。 わずかに異なる文書、在庫を取った後に作成される行為(収支の会計および重要な価値の支出)、在庫の不足行為の識別を示す特別な陳述が添付された企業での結果、またはそれとは反対に余剰がある。 この行為が窃盗が可能であったことを証明するものではありますが、それを確認するものではありません。 目録法には、企業の名前、文書の名前、シリアル番号と日付、目録が存在する委員会メンバーの情報(委員長の氏名と氏名、アルファベット順)、監査の目標、目的、結果が含まれていなければなりません。不足分、不足分の合計数、名前、および不足品目の数が明らかになりました。 最後に検査の日と委員会のすべてのメンバーの署名を入れてください。

2

そのような目録の間に不足の事実が明らかにされたならば、以下の多くの行動がなされるべきです。

3

氏名を記したメモを書き、起きたことすべての状況を説明し、イベントの日時を明記し、 盗難を特定して文書化する特別なコミッションを作成し、追加のチェックが予定されるようにATSに提出します盗難の有無にかかわらず、捜査活動に回答します。

4

執行役員が特定の集団または1人の従業員による盗難の事実を特定し確認した場合、訴訟が裁判所に提起されます。これにより、犯人は盗まれたものを返却するかまたはその価値を返還する義務があります。

5

訴訟手続の結果、取締役は、職場での盗難の事実を特定するために、従業員の解雇および雇用契約の終了を示す適切な命令を発行します。 そのような記録はその後ワークブックに記録される。

ヒント2:本の作り方

を書くことにしたので、あなたはしばしばどこから始めるべきかわからない。 一方では、この本の一般的な考え方はすでに私の頭の中で形成されています。 一方で、アイデアを本にするためには、自分の考えを整理する必要があると感じます。 を作ることはあなたに計画、それがその上に構築されることになる一種のバックボーンを助けるでしょう。

命令

1

原則として、それぞれの本で一つの大きなテーマが明らかにされています。 それはさまざまな側面で考慮され、それらのより多くの、トピックがより深く明らかにされています。 あらゆる面があなたの本の構造の中の章です。 あなたが本のトピックを開くすべての側面について考えて、すべての章の一般的なリストを書きます。

2

その後、各章の計画を別々に作成します。 この章でどのサブトピックを開き、どの質問に回答するかを検討してください。 あなたが仕事をするときにあなたに起こるであろうすべてのアイデアと洞察を書き留めてください、今でもあなたにはこの情報が不必要であるかまたは何らかの形で不適切な本であるように思われます。 計画は本の作業中に変更される可能性があり、以前は不要と思われていた情報が後になって判明する可能性があります。

3

今、あなたはあなたがあなたの本に何を書くかについての多かれ少なかれ明確な考えを持っています。 あなたが本を書くためにどんな情報が必要であるかを評価して、不足している情報を集め始める時が来ました。

4

すべての情報を受信したら、計画に戻ります。 データを収集した後、章やサブアイテムが現れたり消えたりする可能性があります。 これで、各章の計画をより詳細に作成できます。このような計画の作業は、単純化した場合よりも早くなります。 その後、あなたはすでに本を書き始めることができます。

ヒント3:インベントリアクトを作成する方法

検査の後に記入される3つの種類の行為 (1998年8月18日付けのロシアのGoskomstatにより承認されたNo. 88)があります。INV-1 - 固定資産の在庫、INV-1a - 無形資産の在庫、INV-3 - 在庫在庫在庫。

命令

1

固定資産(建物、機械設備、車両、工具、コンピュータ機器、製造在庫)の在庫を作成するには、請求書フォームINV-1を使用します。

2

検査を開始する前に、チェック対象のオブジェクトに関連するすべての伝票の経理部門への転送に関する重要な責任者から領収書を受け取ります。 この領収書は、行為全体のタイトルページです。

3

次のフィールドに入力します。 "Date" - 在庫の日付を指定します。 "Operation" - 正確に実行されたもの、 "Warehouse" - 在庫があった倉庫を表示します。 項目 "MOL"に、この倉庫の重要責任者を示します。 列 "Warehouse Section"に、検証プロセスが実行された倉庫の部門の名前を記入します。

4

インベントリで、[実際の利用可能性]列に入力します。 実際にインベントリオブジェクトの数を指定してください。 情報を含まないオブジェクトが見つかった場合は、追加情報がないことをインベントリに含めます。 在庫は、生産グループと非生産グループ用に別々に編集する必要があります。 インベントリコミッションの各メンバーの署名とともに、2部を記入して行動してください。 在庫コミッションは、会計部門の代表、重要責任者、および第3部門の代表(販売部門など)の少なくとも3人で構成されています。 その行為のコピー1部を経理部門に転送し、2回目は - 重要な責任者に任せる。

5

無形資産を検証するときには、INV-1aフォームの動作は完了しています。 フォームに記入するためのアルゴリズムは、固定資産の在庫の場合と同じです。 2部コピーしてください。 1つは経理部門への転送、もう1つは組織の無形資産の使用権を確認する文書の安全性の責任者への転送です。 会計報告にデータがない無形資産を監査が発見する場合は、それらを棚卸資産に含めます。

6

在庫品目(商品、完成品、製造在庫、その他の在庫)の実際の在庫状況を反映するには、inv-3形式を使用します。 最初の2つの形式と同じ塗りつぶしの段階を守ってください。

arrow