エディターズチョイス

受け入れとは何ですか

Anonim

受諾とは、一方の当事者が他方の当事者が提案した条件に基づいて契約を締結したことを表明することです。 追加の条件が含まれている受け入れは、新しいオファーです。


受け入れは契約の段階の1つです。 契約は承認された時点で締結されます。 この質問を異なって解釈する2つのシステムがあります。 ドイツ、イタリア、フランスでは、契約は申込者による受領時に締結されます。 アメリカ、イギリス、日本では、承認者のメールボックスに承認を送信した時点。 後者のアプローチは、「メールボックス理論」と呼ばれていました。受け入れが遅く受信されたが、受取人によって時間どおりに送信された場合、契約は締結されたと見なされます。 そのような受諾は遅刻とは見なされないため、契約を締結するのに支障はありません。 例外は、一方の当事者が申し出の受諾の通知を遅く受信し、指示された受領の通知を送信した他方の当事者に直ちに通知する場合です。 他の条件または示されたものとは異なる条件で契約を締結するという合意に対して回答が得られた場合、その契約は紛争の解決まで締結されないと見なされます。 まず、ファックス、電信およびその他の通信手段による書面による回答。 第二に、公募、例えば店の窓への商品の配置。 この場合、受領は購入者による商品の支払いとなります。 第三に、契約に基づく請負業者の他の行為は受諾として認識される。 たとえば、トロリーバスでチケットを購入し、クライアントカードに記入します。 第四に、受け入れは契約によって確立された期間内の特定の行動の遂行です。 これらの行動は触覚と呼ばれます。 後者の形式の承認は、資産の売買でよく使用されます。 受け入れはまた沈黙によって表現することができます。 合格は10日以上沈黙を認められます。

  • TSB / 2019年の受け入れ

arrow