エディターズチョイス

廷吏に要求を書く方法

Anonim

裁判所の会見後に裁判所の判決を執行 するには、 執行廷に 請求書を作成執行令状とともに文書を地区の執行廷に提出する必要があります。 執行令状が記載されている場所で、いかなる形式でも廷吏サービスの長の名前に書くように要求してください。

あなたが必要になります

  • - パスポートのコピー
  • - 封筒2枚
  • - 執行令状のコピー2部
  • - あなたの銀行口座の詳細。

命令

1

廷吏に 要求を書くことは、廷吏サービスの名前、ならびに債務者と請求者の名前と住所から始めてください。 執行手続を開始する裁判所命令の数と日付を必ず含めてください。

2

テキストでは、あなたの要求を説明し、それを正当化するようにしてください。 テキストの最後に、一定額のお金を集めてあなたの口座に振り込むよう依頼してください。 あなたが送金する必要がある場所を正確に指定することを忘れないでください、あなたの銀行口座の番号を指定してください。 必要な詳細と銀行名をすべて記入してください。 さらに、あなたは国外への旅行の債務者の禁止を求めることができます。

3

実行の元の書き込みからの要求に添付します。 日付、イニシャル、姓(フル)および署名を入れてください。 二重に廷吏に要求し、オフィスに手渡すか、通知を書留郵便で送ってください。

4

廷吏は手書きの要求ではなく、タイプライターの要求を受け入れます 。 執行の令状とともに請求を引き渡すときには、文書に承認と署名のスタンプが付いていることも確認してください。 出願後3日以内に、あなたは廷吏を任命しなければなりません。

5

彼の仕事の順番は、連邦法第229-FZ号「執行手続について」によって規制されています。 通常、廷吏は週に数回市民を連れて行きます。 あなたが上記の文書に記載されているすべての文書を提出した場合、彼らは執行令状の受諾を拒否することはできません。

6

あなたはまた、あなたの訴訟を扱う特定の執行官面談し、執行手続の資料に精通する権利を持っています。 要求と執行書面は、裁判所が開催された地域の廷吏のみに提出されることを忘れないでください。

arrow