エディターズチョイス

合資会社とは

Anonim

ロシアでは、合資会社は、中規模および大規模企業の商業企業にとって最も一般的な法的形態です。 さらに、大規模な組織はしばしばオープンで、小規模なものは非公開の合資会社として存在します。

合資会社は、承認された資本が厳密に定義された数の株式に分割される商業組織です。 投資家(株主)は、経済活動に関連する損失に対して、その株式の価値の金額においてのみ責任を負います。
合資会社には2つの形態があります。クローズド - 株主の総数が50人未満の場合、およびオープン - 株主数は無制限で50人を超える場合です。 非公開の合資会社で株主の数が法律で定められた上限を超えた場合は、それを公開株に変換する必要があります。そうしないと、参加者の構成が再び減少します。
会社の組織文書はその憲章と結成の覚書です。 結成覚書は会社の設立を決定し、憲章は財務および経済活動の問題、会社の管理、組織の構成および能力、発行する株式の数と手続きを決定します。
合資会社を設立する過程は、州登録の対象となります。 それ以降、社会は創設されたと見なされ、その組織上および法律上の文書に従って活動を実行する権利を持ちます。
会社の主な統治機関は、その憲章の改正、取締役会および監査委員会の形成、会社の再編または清算、損益に関する年次財務報告の承認、および株主間でのこの利益配分を決定する全株主総会です。 今度は、会議で結成された組織が会社の一般管理を実行し、総会に責任を負います。
「合資会社」という形で事業を行うことで、短期間で大量の資金を集めることができ、大規模なプロジェクトの実施に非常に便利です。

  • 2019年連邦法「合資会社について」

arrow