エディターズチョイス

労働協約を延長する方法

Anonim

団体交渉とは、労働と社会の関係を規制する国内の法的行為を指します。 文書は1年から3年の期間で合意されている(LC RF第41条)。 指定期間の延長は可能ですが、すべての品目はレビューおよび承認の対象となります。

あなたが必要になります

  • - ミーティング
  • - プロトコル

命令

1

団体交渉協定を延長するには、企業の管理者と労働組合組織のメンバーの総会を開く。 あなたが労働組合を持っていないならば、それから労働者の中から構造単位の管理と選ばれた委員会の代表を会議に招待してください。

2

会議の全コースは議事録に記録されています。 すべての条項を順番に見直し、一般投票を行います。 大多数が問題の品目を承認した場合、それは新しい労働協約に含まれるべきです。 古い契約の更新は、提出されたすべてのポイントがまだ関連性があり、総会のメンバーの大多数がそれらに投票した場合にのみ可能です。 1つでも変更されている場合は、その文書は再登録の対象となります。

3

会議中に労働組合、経営陣、労働者の代表者、または構造的細分類の長の何人かが新たな提案をした場合、それらは検討、投票そして集団合意に含まれる一般承認を得て対象となる。

4

協定の単一の条項が労働法および民法を矛盾させたり、労働法または民法で定められたチームメンバーの権利を侵害したり、ロシア連邦で適用される他の種類の法律を矛盾させたりしてはなりません。 法律に反するすべての事項は無効と見なされ、その実施は任意です。

5

労働協約の下で、文書を承認し、アイテムの採択に投票したすべての人の署名を得ます。

6

この労働協約は、文書の採択日または改正日を含む以下の順序番号で企業の法的行為の記録に登録されることを条件としています。

7

すべての従業員は、採択、承認、または修正された文書に口頭で精通している必要があります。

arrow