エディターズチョイス

契約領収書の作り方

Anonim

領収書は、金銭、物価、書類などの送金と受領を確認する契約です。 機関や個人から。 現在、領収書は非常に頻繁に作成されているので、あなたは彼らが書いた順番を知っているべきです。

命令

1

公式の領収書の程度を決定します。 領収書は私用またはビジネス用で、特定の詳細が含まれている場合があります。 シートの上部にある文書の種類にかかわらず、大文字でその名前を示してください。 次に文のテキストがあり、その下に日付と署名が示されています。 必要に応じて、証明書が領収書に添付されています。

2

プライベートレシートを書き始めます。 シートの右上に、領収書を発行し、領収書を確認する人の姓、氏名、姓(完全な名前)を記入します(必要に応じて、受取人の身元を確認する文書の名前、およびそのデータ)。 以下に、この領収書が与えられた人の姓、名前、愛称を記入してください(必要に応じて、受取人の身元を確認する文書の名前とその出力データもここに示されています)。

3

シートの中央下に文書の名前を書き留めます。 赤い線から、どの特定のデータ(名前、数量、条件、用語など)、重要な資産、またはその他のものを転送するかを示します。 数量、コストは数字で示され、その後に言葉の名前がかっこで囲まれます。

4

シートの一番下に置き、領収書を発行した人の代わりにあなたの署名がある文書を確認してください。 必要に応じて、署名は職場、居住地、または公証人事務所で機関の公式代表者によって証明されなければならない。

5

必要に応じて、領収書を書いてください。 責任者の完全な役職、所属する機関の名前を記入してください。 どの管理文書が転送され、重要または金銭的価値が得られたかに基づいて書きます。 文書を書くプロセスの残りは私的領収書と変わらない。

arrow