エディターズチョイス

翻訳時にワークブックに記入する方法

Anonim

ワークブックは、従業員の実務経験に関する情報を含む重要な文書です。 例えば、彼女は年金の登録に必要です。 そして文書が有効であるためには、それは正しく記入されなければなりません。 従業員の異動に関するワークブックエントリを作成する方法

あなたが必要になります

  • - 雇用記録
  • - ペン
  • - 組織のスタンプ
  • - 従業員を譲渡するための命令

命令

1

ワークブックに記入するのに必要な資料を準備します。 これは、青いボールペンと同様に、組織の丸印でなければなりません。 全体の記録は片手1色ペーストで作成しなければなりません。 また、従業員を別のポジションに異動させる命令も受けます - それに従ってエントリを作成します。

2

ワークブックに記入してください。 「記録数」の欄には、就職、解雇、および転勤に関する以前のすべてのマークを考慮に入れて、適切な数を示します。 [日付]列に、ドキュメントの日付、月、年を入力します。 セクション "雇用情報"には、 "投稿への転送"というフレーズを書く必要があります。

「そして、その従業員が現在職務に就くことになっているポジションと、それが変更された場合にはその部署(部門または部門)とを示します。 entry "は注文の番号と日付を示します。

3

組織へではなく別の会社への振替が行われる場合、記入のための規則はいくらか異なります。 この場合、転送が行われた理由を指定する必要があります。 2つの選択肢があります。「従業員の要求に応じて」または「彼の同意を得て」(イニシアチブが雇用主に属している場合)。 エントリの文言は次のようになるはずです。

"そのあとに、従業員が出社する組織の名前が続きます。

4

ワークブックに記入した後は、人事部職員の印鑑と署名を証明するとともに、イニシャルで氏名と姓を示す必要があります。

注意を払う

以前の既存のバージョンの労働法によれば、個々の起業家は彼の従業員のワークブックに記入する権利を持っていませんでした。 ただし、2006年以降、規則は変更されました。 現在、SPと法人は、異動の記録を含め、必要なすべてのマークを従業員のワークブックに入れることを義務付けられています。

関連記事

個人起業家の雇用記録

arrow