エディターズチョイス

ヒント1:カバーリストの記入方法

Anonim

キャッシュバッグの回収中に、転送明細書、請求書、および領収書が作成されます。 必要な書類を記入することは非常に重要です。

あなたが必要になります

  • - OKUD 0402300形式の参照リスト(A5フォーマット)
  • - 補完
  • - 領収書

命令

1

ボックスに従ってシートに記入してください。 「バッグ番号」ボックスに、個々のバッグ番号を入力し、「借方」ボックスの「開始」列に組織の名前を指定します - 現金会計の各残高勘定科目で開かれている分析会計の20桁の個人口座。

2

「クレジット」の欄には、「INN」の欄に、顧客の口座の20桁の番号、それぞれの個人の税番号を示す。 徴収のために宣言された金額は、「金額の金額」の欄で指定します。 それはリストの後ろに示される量と等しくなければなりません。 "amount in words"の欄に同じ量を記入してください。

3

「収入源」列に、「売上高」または「サービスの売上高」を指定し、それが現金記号と一致することを確認します。 項目 "受取人"には、口座に資金が振り込まれる組織の会社名を記入します。 「PPC」、「OKATO」、「p /口座番号」 - 現金を受け取る組織の関連詳細。

4

[寄付銀行名]項目には、現金が入金された銀行の詳細、その名称、および構造単位の番号が表示されます。 [受取人の銀行名]欄に、受取人の銀行口座が開設されている銀行の名前を入力します。 「シンボルを含む:金額、シンボル」の欄には、2004年1月16日付けのロシア銀行法令N 1376-Uに従った現金回転率報告書の作成に使用されるシンボルが含まれています。

5

報告書の1文字を表す金額は、上のフィールドの適切な位置に1行で書いてください。 個人起業家の場合は、現金記号19を使用します。現金預金者、つまりバッグを形成したレジ係に署名し、列「顧客の署名」を入れます。

注意を払う

転送リスト内の訂正は許可されておらず、転送リスト内の情報、請求書、および領収書は同一でなければなりません。 これらの要件は現金を受け入れるために必須です。

  • カバーリスト

ヒント2:照合ステートメントの記入方法

比較ステートメントは 、在庫の結果、つまり会計からのデータの偏差を反映するために必要です。 このドキュメントは統一された形式 - INV-18、0317016に等しいOKUDに従うコードを持っています。

あなたが必要になります

  • - 照合ステートメント(フォーム№INV-18)
  • - 在庫カード
  • - オブジェクトの技術的なパスポート。

命令

1

比較ステートメントは、表部分とヘッダーから構成されています。 最初にフォームキャップを記入してください。 組織の名前を書いてください、それは構成文書と同じであるべきです、それは完全にそれを指定することが望ましいです、例えば、Vostok Limited Liability Company。 構造単位で在庫を管理している場合は、輸送単位など、下の行にそれを示します。

2

次に、在庫の基準を指定します。それはオーダー、決定、およびヘッドのオーダーです。 この管理文書の番号と日付を登録することを忘れないでください。

3

その後、右側の小さな表に記入してください。 その中に、OKPOのコード、活動のタイプ、このステートメントのシーケンス番号と日付、および在庫期間を指定します。

4

伝票名の下には、在庫の終了日と在庫の安全性に責任を負う担当者のデータを入力するためのスペースがあります。

5

その後、表の部分を埋めます。 在庫カードおよび技術パスポートに従って、オブジェクトのシーケンス番号、名前、および簡単な説明を指定します。 物件を借りる場合は3列目に記入してください。

6

4列目には、このオブジェクトの製造年を記入します。 この物件の登録証明書などの添付書類に従って、ボックス5、6、および7に記入してください。

7

それから在庫の結果を記入するために行きなさい。 剰余金が特定された場合は、8桁目と9桁目に記入し、不足している場合は10、11桁目に記入してください。見つかった差異について以下の結果を要約してください。

8

比較陳述書は、会計士および在庫管理委員会の委員によって署名されなければならない。 この文書を2部発行してください。そのうちの1つ - 経理部門への転送、および2番目 - は、実質的に責任のある人の手に委ねます。

  • 照合ステートメント

arrow