エディターズチョイス

発明の申し込み方法

Anonim

発明の出願は、発明の特許を発行し、著作権を保護するための書類を作成して提出するための手順を指定します。 申請書は、著者によるものとその後継者によるものの両方、あるいは発明が開発されテストされた機関を通じて提出することができます。

命令

1

知的所有権について連邦行政機関に申請してください。 これは、直接に、郵便またはファックスによって、ならびに弁理士を通じて行うことができます。

2

あなたがいくつかの発明を申請することにした場合、あなたはそれらが一緒にしか申請できないことを証明しなければなりません。 出願を適切に準備するための主な条件は、発明の単一性の要件の遵守です。

3

申請が組織を通じて提出される場合は、発明の創作への各共著者の参加および情報の公開公開の可能性(例えば、審査報告書)に関する文書を作成しなければならない。

4

出願に付随する書類は、所定の額の特許手数料の納付のための領収書(またはその納付または延期の免除を指定する書類)です。 最初の出願の証明された写し(特許を請求する人によって提出された場合)。 本発明の作者が特許を取得した場合に自分の発明に対する権利を他の自然人または法人に譲渡することを約束した場合、彼はこれに関する陳述を書かなければならず、それも出願に添付される。

5

ロシア語で申請してください。 添付書類は別の言語で提出することができますが、ロシア語への翻訳は添付されています。

6

ロシア語で書類のコピーを3部用意してください。 他の言語で作成された文書は1部で提出されます。

7

申請書をファックスで送った場合は、原本の提出期限がファックスで受け取った日から1ヶ月であることを忘れないでください。

arrow