エディターズチョイス

ヒント1:裁判所に州手数料を支払う方法

Anonim

裁判所があなたの主張を受け入れ、検討するためには、州の手数料を支払う必要があります。 これは一種の連邦手数料であり、裁判サービスに対する支払いではありません。そのため、積極的な決定を下すには州の義務の支払いを頼りにする価値はありません。 義務の支払い - 訴訟で訴訟を起こすための前提条件。

あなたが必要になります

  • - 国家義務の支払いの受領
  • - 支払いの支払い注文(組織用)
  • - あなたが義務を免除されている人のカテゴリーに属していること、およびあなたの身分を証明する書類。
  • - 国家義務の支払いの延期または分割計画、およびあなたの悲惨な財政状態、病気などを示す文書

命令

1

裁判の実務における裁判の審議および受理に対する州の義務の支払いは、ロシア連邦の税法によって規定されています。 その大きさは、事件が存在する裁判所(一般的管轄裁判所、仲裁など)によって異なります。

2

州の義務を支払うために、それぞれの裁判所が異なる1つを持っているので、必要な銀行詳細について裁判所または銀行のスタッフに尋ねてください。

3

個人として裁判所に行く場合は銀行の領収書に記入し、組織または個人起業家としての場合は支払命令を出します。 請求書に添付した後、この領収書が必要です。

4

法律が特定の種類の人に国税を免除する個々のケースがあります。 例えば、これらは、給料、慰謝料、給付金を請求し、障害のある人の権利、子供の権利などを保護するために法廷に出頭する原告です。州の義務を免除される人の完全なリストはアートにあります。 333.36ロシア連邦税法の25.3章。

5

州の義務を免除する権利を使用するには、あなたが特権のある範疇の人に属していることを請求明細書に記載し、それにこの権利を確認する書類または公証書を添付してください。

6

あなたがそのお金とその料金を払うことを免除される権利を持っていない場合は、裁判所に分割払いをするか、分割払いをするよう依頼してください。 これを行うには、適切なアプリケーションを作成してスーツに貼り付けます。 請求のテキストに遅延の請求を指定することもできます。

7

延期を認めることは権利であり、裁判所の義務ではないため、関連する文書であなたの要求を立証することを忘れないでください。 困難な財政状況、扶養家族の存在、すべてのお金を吸収する病気など、遅れを求めることができる理由。 ある場合には、法律は州の義務を取り戻す可能性を規定しています。

  • どのように州の義務を計算し、その大きさを見つけるために?

ヒント2:州税の計算方法

州の義務 - 法的に重要な訴訟の委任に対して州および他の機関に対する訴えに関連して人が支払う手数料。 特定の種類の行動では、義務は一定の金額で支払われます。例えば、結婚の登録では200ルーブルです。
裁判所または仲裁裁判所に申請する場合、州の義務の額は支払人が独自に計算します。 要件のサイズと種類によって異なります。

命令

1

資産要件に従って、請求の価格に応じて回帰率スケールが決定されました。 請求の価格は、金銭的請求の金額、資産の価値(資産の請求による)、年間の支払額(未成年の子供の支払いを除く慰謝料による)によって決定されます。 最高手数料は、地方裁判所への申請時に60, 000.00ルーブル、仲裁裁判所への申請時に100, 000.00ルーブルに制限されています。

2

不動産以外の要件により、個人は200ルーブルを支払い、法人は4000ルーブルを支払います。

3

裁判所命令の発行のために - 財産要件に基づいて計算された州の義務の半分。

4

上訴、上訴、監督上の苦情、当局者の行為に対する上訴については、一定の義務が定められていた。

5

州の義務は要件ごとに別々に決定され、まとめられています。

注意を払う

請求を受理する段階で、指定された請求の価格が明らかに資産の実際の値と一致しない場合、裁判官は独立して請求の価格を決定します。これは、州の義務が追加で支払われる必要があることを意味します。

良いアドバイス

裁判所の公式ウェブサイトでは、州の義務計算機を使用することができます。 ただし、この情報は参考用であり、再確認する必要があります。
特定の賭けサイズは芸術によって設定されます。 一般管轄裁判所に申請する場合のロシア連邦の税法333.19、アート。 ロシア連邦の税法の333.21 - 仲裁へ。

  • 2018年のロシア連邦の税法

ヒント3:クレームの州の義務を計算する方法

不動産の請求に対する州の義務の額を計算する最も簡単な方法は、http://www.kod-x.ru/polza/gpcalc.htmにあるオンライン計算機を使用することです。 しかし、和平の裁判または一般管轄裁判所について言及する場合は、ロシア連邦税法の333.19条および333.21条 - 仲裁については頼りにすることができます。

あなたが必要になります

  • - コンピュータ
  • - インターネットアクセス
  • - ロシア連邦の税法
  • - 電卓。

命令

1

あなたが州の義務計算機を使うことに決めるならば、 http://www.kod-x.ru/polza/gpcalc.htmに行き、あなたが適用しようとしている裁判所のための適切な欄に請求の額を入力してください :一般管轄裁判所、平和の正義または仲裁中です。 あなたがモスクワの裁判所に行くことを計画している場合は、サービスを使用して州の義務を支払うための領収書を作成して印刷することもできます。 他の地域では、あなたがあなた自身の裁判所の詳細を自分で入力すれば可能です。

2

あなたが州の義務を自分で計算したい場合は、アートで与えられているその率に頼ってください。 平和裁判所および一般裁判管轄裁判所については、税法333.19、仲裁裁判所については333.21のいずれかに該当する場合、請求の価格は最高2万ルーブルです。 州税は、請求の価格の4%に相当しますが、400 p。、2000年 - 10万ルーブル以上ではありません。 - 800 p。 20000ルーブル、100001 - 200000 - 3.2000ルーブルを超える金額の+ 3%。 10万ルーブル、200001 - 100万ルーブルを超える金額の+ 2%。 - 5, 2000ルーブル。 20万を超える金額の+ 1% そして1分以上。 - 13.2万ルーブル。 100万を超える金額の+ 0.5%、ただし6万ルーブル以下。

3

10万ルーブルまでの費用がかかる請求で仲裁に申し込む場合。 この金額の4%を支払わなければなりませんが、2000ルーブル以上ではありません。 100001から20万ルーブルまで。 - 4000ルーブル+ 10万を超える金額の3%、200001 - 100万 - 7000ルーブル。 20万ドルを超える金額の2%増、100万 - 200万 - 23000ルーブル。 100万を超え、200万から33000ルーブルまでの金額の+ 1%。 200万ルーブルを超えない金額の+ 0.5%。

4

他のほとんどの場合、固定料金は様々な性質の訴訟に対して設定されており、その大きさはアートに記載されています。 平和の裁判および一般的管轄裁判所についてはロシア連邦の税法333.19、仲裁裁判所については333.21。

  • 一般裁判管轄裁判所および治安判事に対する財産権の主張に対する州の義務に関するロシア連邦の税法第333.19条
  • 世界裁判所に対する州の義務を計算する

ヒント4:どちらの裁判所が同居の場合を検討しているか

元配偶者または彼と結婚して生まれた子供たちへの金銭的支払いの支払い - 慰謝料 - に関連する事項は、ロシア連邦の民法、家族法、民事訴訟法および税法を含む多くの規制によって管理されています。 これらの文書はまた、これらの問題の司法的所属を決定します。

誰が扶養を受ける権利があるのか


慰謝料の回収のために司法当局に頼るための法的根拠は、ロシア連邦家族法典第13-15章です。 彼らは、親と子、元配偶者、そして他の家族に関連して生じるそのような義務を規制します。 例えば、これらの義務は、彼らの未成年の兄弟姉妹に関して孤児になった大人の兄弟姉妹、および彼ら自身を支えることができない彼らの孫に関する祖父母によって保持されています。 ほとんどの場合、慰謝料の支払いは書面で締結され、必然的に公証されたこれに関する合意に従って行われます。 そのような義務が自主的に実行されておらず、家族間で慰謝料を支払うことについて合意がない場合、それらは裁判所を通じて回収することができます。

適用する裁判所


司法的所属を決定する際には、ロシア連邦民事訴訟法第23条に従うべきであり、それに従って、慰謝料の回収のための裁判所命令の発行の問題は治安判事によって検討される。 私たちが未成年の子供について話しているのであれば、例外はロシアの民事訴訟法第122条に規定されている訴訟の声明が、父親の権利の剥奪または制限に関する声明と同時に提出された場合です。 このような場合、ロシア連邦民事訴訟法第24条によると、総管轄裁判所は、慰謝料の訴訟を検討する必要があります。
慰謝料訴訟の管轄は、ロシア連邦民事訴訟法第28条に従って決定されます。 その規定によると、慰謝料の回復のための裁判所命令の申請とそれを行うための訴訟は、被告の永住地で裁判所に提出されなければならない。 しかし、ロシア連邦民事訴訟法第29条によると、原告が原告に最後の居住地が不明の場合は、原告がこれらの書類を原告に送付することができる。 申立人が被申立人の居住地についての見解を有していない場合は、請求の陳述書または裁判所命令の申請書を裁判所に送付することができます。
債務者が治安判事が発行した裁判所の命令に異議を申し立てると、ロシア連邦民事訴訟法第129条に基づくこの命令は取り消されることができ、請求訴訟手続の中で慰謝料請求が考慮されるものとします。

ヒント5:財産の分割と離婚のための州の義務を支払う方法

財産の分割との離婚のための州の義務は、インターネット銀行の個人口座を通じて、またはモバイル銀行を通じて、あらゆる銀行の支店で支払われます。 法的な論争がある場合、この支払いのサイズは各配偶者から400ルーブルになります。

市民の要請に応じて民事登録事務所が講じた措置はすべて州の義務の対象となります。 配偶者間の財産の分割の必要性に関連した例外でも結婚の解消でもありません。 ほとんどの場合、この場合、法的紛争が発生しますが、配偶者は相互の同意によって財産問題を解決することができます。 あなたが適切な支払いがなされたことを確認する領収書を提出する必要があるので、領土登録事務所に連絡して料金の支払いの後にあるべきです。 支払いの必要条件は特定の領土単位に依存します、通常、それらは登記所の公式サイトに掲示されます。

財産の分割と離婚するための州の義務をいくら払うべきか


財産紛争の存在は、離婚時に支払われる国家義務の額に直接影響を与えるわけではありません。 税法では、法廷での離婚の場合や配偶者が法廷に行かずに相互の同意を得た場合など、各配偶者から400ルーブルを支払う必要があります。 したがって、各配偶者から2つの領収書を公証人事務所に提出する必要があります。 例外は、1人の配偶者の主導による離婚の場合で、2人目が死亡したと宣言され、長期間の禁固刑または行方不明の判決が下された場合です。 そのような状況では、申請された配偶者は公共サービスの提供に対する州の義務としてわずか200ルーブルを支払う必要があります。

私はどのように私は財産の分割と離婚のための州の義務を支払うことができますか


財産の分割に関連した離婚の州義務の迅速な支払いのために、あなたはいくつかの方法を使うことができます、しかし、特定のオプションを選ぶとき、あなたは支払い書類(領収書または支払い注文)を登記所に提出する必要性を考慮しなければなりません。
それがあなたがあなた自身のパスポート、支払いをするための詳細、上記で示された量の資金を提示する必要があるであろうどんな銀行のレジででも適切な支払いをすることが推薦される理由です。 他の方法は、インターネットチャネル(インターネット銀行の個人口座)、モバイル銀行です。 ただし、これらのオプションを使用する場合は、支払いに関する銀行券を含む元の支払い伝票を受け取る必要があるため、銀行支店にアクセスする必要があります。

  • ロシア連邦の税法(パート2)

ヒント6:和解契約を承認するときに州の義務を支払う方法

仲裁裁判所による和解契約の承認時には、州の義務は請求者によって一般的な方法で支払われますが、その金額の半分は請求者に返還されなければなりません。 和解契約が一般管轄裁判所で承認された場合、請求人が支払った州手数料は返却されません。

法的紛争の当事者による和解を達成することは、仲裁裁判所、一般管轄裁判所(世界、地区)における訴訟の審議を完了するための根拠の1つです。 このような状況における原告にとっての最も差し迫った問題の1つは、最初の請求が提起されたときには一般的な方法で支払われていたので、国家義務の分配である。 司法当局の種類にかかわらず、手続法は、和解合意自体における州の義務に従って、費用の配分について合意する権利を当事者に与えます。 たとえば、この文書では、他の規則を作成するために、手数料に使用された金額の半分を原告に支払うという被告の義務を修正することができます。 そのような協定の司法当局による承認後、それは当事者を拘束するようになります。 合意に達していない場合は、州の手数料に関する経費の分配に関する一般規則が適用されます。

仲裁裁判所における和解合意の承認における州の義務


事件が仲裁裁判所で審理され、当事者が和解契約を締結することによってそれを終了することに同意した場合、請求人は支払われた手数料の半分を返還することを期待することができます。 唯一の条件は、当事者が執行手続の段階ですでに合意に達した場合には支払われた金額の半分の返還に関する規則が適用されないため、事件が決定される前にこの合意を承認することです。 資金を受け取るためには、申立人は裁判所で税務調査官に対応する陳述書を申請しなければならず、それに司法法と一定額の支払いを手数料として確認する書類が添付されています。

一般管轄裁判所における和解契約の承認における州の義務


世界の一般市民または地方裁判所の間の事件の審議中に和解合意に達した場合、法律は当事者に対し、この合意の本文中の費用配分の問題を独自に解決することを要求します。 この場合の予算からの義務の一部の返還に関する特別な規則は適用されないため、原告は対応する要件を適用することができません。
言い換えれば、契約書の本文に手数料の分配に関する条件がない場合、請求者は単に一般的な方法でそれを支払うための費用を負担することになります。 この場合の和解合意書の文章の当事者は、原告に対する義務の額の半分を支払うことを被告に義務付けることをしばしば規定している。

  • ロシア連邦の税法(パート2)

ヒント7:州の義務を戻す方法

法律は、支払われた州の義務を返還することが可能である状況を定義しています。 このような事件と申告の手続きは、ロシア連邦税法第3333.40条に定義されています。 これは、過払い、申請の返還、または支払人が訴訟の執行を拒否した場合、裁判所が申請の審理を拒否した場合、訴訟を中止した場合、または訴訟手続きを中止した場合に可能です。 請求人が請求を拒絶した場合、決定は被告に有利に行われず、訴訟手続きは中止されます。 この場合、回答者は予算に対して料金を支払いません。

命令

1

法的措置を講じなければならない団体への過給国税の返還を申請する(裁判所、仲裁裁判所、治安判事による事件を考慮した関係には適用されない)。 返品先の詳細を指定してください。

2

州税を返すために税務当局に申請してください。

3

州の義務の支払いに関する元の書類(支払い命令、領収書)を申請書に添付し、州の義務の一部を返却するときは、支払い書類のコピーを添付してください。

4

返還の必要性を示す、州の義務の返還または司法行為(判決の定義)に関する裁判所からの証明書を添付してください。

5

承認された機関は、受け取った申請書に基づいて、州の義務額の返還について決定を下し、それについて支払人に通知します。

6

申請書と必要書類の提出日から1ヶ月以内に、州の義務は支払人に返還されます。

注意を払う

請求が減額され、和解契約の締結時に金額の50%が予算から返還された場合、州の義務は返金されます。

良いアドバイス

州の義務の額は直接に支払われるべきです。 国税の払い戻しの過払いの申請は、支払日から3年以内に提出されます。

  • 第3333.40条ロシア連邦第2部の税法

ヒント8:州の義務を考慮に入れる方法

州の義務の支払いは、どんな組織によってもその活動の過程で発生する小さなですが頻繁なタイプの費用です。 料金の種類と金額は大きく異なりますが、会計メカニズムは非常に似ています。 私が言えることは、義務の支払いのための文書の正しい記入であり、それはその会計よりもっと困難を与えます。

あなたが必要になります

  • あなたの組織の名前、あなたの組織の会計および税務書類を示す州の義務の移転に関する文書

命令

1

資産を登録するための州手数料(たとえば、財産の所有権や自動車の登録など)を支払う場合は、資産の当初の価値の一部として、および製造および販売に関連するその他の経費の一部としてこれらのコストを考慮に入れることができます。 これら両方の選択肢は、会計と税務会計の両方で可能であり、そしてどちらを選択するかはあなたが決める。 あなたが他の経費の一部として料金を考慮に入れたいならば、これは支払いの日に一度にされることができます。

2

州の義務が法廷または公証人の訴訟での訴訟手続に対して請求される場合、それは会計における他の費用、および税金(公証人である場合)または非販売(裁判所である場合)費用で考慮されるべきである。 手数料の取消日は、裁判所への申請書の提出日または公証人の訴訟の日となります。

3

あなたが免許を得るために州の義務を払うならば、あなたは(免許を得るための文書の提出の日に)一時金として、あるいは徐々に免許の期間にわたってこの金額を考慮することもできます。 特に少額の場合は、すぐに関税の額を考慮に入れることが通常より便利で合理的です。

4

州の義務の中には、商品やサービスの製造と販売に直接関係するものもあります。たとえば、屋外広告を設置するための許可料です。 広告宣伝費は商業的なものであるため、現在の経費では考慮されます(たとえば、「売却費用」勘定科目など)。 繰り返しになりますが、許可の申請日に手数料の額を一時金として考慮することも、将来の期間の費用として徐々に償却することもできますが、これは合理的ではありません。

注意を払う

州の任務のすべての可能なタイプは、chに述べられています。 税法の25.3。 あなたが行った支払いがこのリストにない場合、あなたはそれを州の義務として数えることはできません。
州の義務が組織自体に移転し、それによって承認された従業員がいる場合は、彼が支払った組織を支払文書に明記するように通知します。

  • 2019年の公式サイト「Consultant」

ヒント9:仲裁裁判所から州の義務を返還する方法

訴訟は常に決断で終わるわけではありません、多くの場合、市民の申請は却下または返却されます。 この場合、請求者は、司法訴訟の委員会に対して事前に支払われる国税の返還の問題に直面しています。

命令

1

以下の5つの理由で、すでに裁判所から支払われた手数料を返金することが可能です。 支払金額が必要金額を超える場合 - 仲裁廷があなたの訴訟を検討しなかったか、またはその訴訟を中止した場合、この訴訟の払い戻しは支払われた金額の50パーセントにすぎません。 特定の訴訟はすでに裁判所によって行われています。 - 審議の開始前に裁判所判決の必要性がなくなった場合 - 仲裁裁判所が最初にそれを認めなかった場合、または - 後で申請または苦情を返した場合。

2

州の義務を3年間だけ仲裁裁判所から戻すことが可能です。 超過額を返済するには、支払いが行われた訴訟の仲裁裁判所の領土にある税務調査官に声明を書きます。 申請書に、あなたが州税を返還したい理由を必ず明記してください - 文言が税法、第330.40条に明記されている理由に一致するのが最善です。

3

あなたが返金したい金額と、手数料が支払われた裁判所の行動を書いてください - これはあなたがすぐに事件を見つけてあなたの申請に対処するのに役立ちます。 2つの同一の申請書を準備することをお勧めします - それから文書を訪問した後に1部が文書の提出の事実と期限の確認としてあなたと一緒に残るでしょう。 このようなアプリケーションを検討するための期限である月以内にお金が返却されない場合、これは特に便利です。

4

あなたが全額を返す必要がある場合 - このアプリケーションに行われた支払いについての元の支払い文書を添付してください。 あなたがそれの一部だけを返したいならば - 行われた支払いの原本のちょうどコピー。

5

Кроме подтверждения платежа нужно также приложить к заявлению решение суда по делу или справку из него о том, что у вас есть обстоятельства, позволяющие вернуть уплаченную пошлину. Нужно только обратить внимание на тот момент, что пакет документов нужно подавать не в собственную налоговую организацию, а именно ту налоговую службу, которая контролирует конкретный арбитражный суд. При правильном оформлении документов средства должны быть возвращены в течение 1 месяца.

Совет 10: Как оплатить выписку

Если предприятие получает выписку из ЕГРЮЛ на себя и готово немного подождать, ничего платить ему не следует. Во всех иных случаях придется раскошелиться на госпошлину. И если выписка нужна предприятию, оплата должна быть произведена с его расчетного счета.

あなたが必要になります

  • - コンピュータ
  • - インターネットアクセス
  • - реквизиты налоговой инспекции;
  • - достаточный остаток на расчетном счете.

命令

1

Выписка на то или иное юридическое лицо может понадобиться, например, для проверки контрагента или обращения в суд. Платными являются также срочные выписки на себя или иное юридическое лицо. Госпошлина за обычную выписку по состоянию на 2011 года равна 200 р., срочную - 400 р. Получить выписку можно в любой территориальной налоговой инспекции, но в платежных документах должна быть указана именно та, в которую вы обращаетесь, а платеж - проведен строго по ее реквизитам. Поэтому начинать нужно с выбора налоговой инспекции, в которую вы планируете обратиться. Узнать номер и адрес ближайшей можно с помощью сервиса по поиску ИФНС на сайте ФНС России.

2

Сайт ФНС России поможет также с реквизитами и формированием платежного документа. Для этого вам надо ввести номер выбранной инспекции в форму, предложенную для заполнения, указать свой юридический адрес или регистрации по месту жительства, если вы физическое лицо, и ввести другие необходимые данные.

3

Если вы обращаетесь в инспекцию, которая не обслуживает ваш адрес, система предупредит вас об этом, но ничего страшного нет. Так что смело делайте выбор в пользу указанной инспекции. Назначение платежа выберите в предложенном выпадающем списке (искать придется долго, но все налоги и госпошлины в нем есть).

4

Если вы делаете запрос от имени юридического лица, госпошлина должна быть оплачена с его расчетного счета. Иначе документы могут и не принять. Поэтому выбирайте вариант оплаты через банк. Для физических лиц предусмотрена оплата наличными через Сбербанк, и при выборе этой опции система сгенерирует квитанцию. Готовую платежку или квитанцию сохраните на свой компьютер.

5

Теперь остается ее оплатить, для чего распечатать и отнести в банк (платежку заверив подписью и печатью) или, в случае с платежкой, загрузить ее в банк-клиент и отправить на исполнение, скрепив электронной цифровой подписью, а затем посетить банк с бумажной версией документа для получения отметки о платеже.

arrow