エディターズチョイス

売主との雇用契約の仕方

Anonim

雇用契約は、従業員と雇用主の関係を規定する主要文書です。 売り手とのそのような協定を起草するとき、仕事の性質に関連したいくつかの特徴があります。

命令

1

売り手との雇用契約を結ぶ際には、すべてのニュアンスを考慮する必要があります。 文書に一般的な条件を記述します。場所と勤務時間、試用期間の長さ、従業員の義務、報酬の条件。 最後の部分は給料と報酬システムからなるべきです。 販売された商品からの報酬の割合を書き留めて、これは売り手の効率を高めるための刺激的な要素になります。

2

項目「従業員報酬条件」には、アウトレットの詳細に応じて、残業時間、および週末と祝日の作業に対する支払いを記入します。 原則として、小売業者は休みなく営業しています。

3

売り手との雇用契約を起草するときは、責任条項を考慮してください。 それを主契約に含めるか、またはそれを付属書として作成してください。 責任は完全かつ限られている場合があります。 制限は、あらゆる雇用契約の不可欠な部分である標準的な表現の形で見えます。各従業員は、傷害の場合には、彼に託された財産に対して責任があり、損害賠償を支払う義務があります。 この場合、この状況では、従業員は彼の毎月の給料を超えない量で財産への損害に対して責任があることに留意してください。

4

全責任は、従業員が全額損害賠償を支払う必要があることを意味します。 そのような契約は、アウトレットが小さく、一人の人が売り手、レジ係、および店主の職務を行う場合に行われます。 手持ちの現金と商品の残高の両方に責任を負う売り手を雇う予定の場合は、従業員の全責任を示す別の付属書を雇用契約に追加してください。

arrow