エディターズチョイス

ヒント1:車を売るための委任状の作り方

Anonim

あなたが車を売る必要があるが、それのための十分な時間がない場合はどうしますか? あなたは車を売るために、すなわちこの責任ある問題をあなたの代理人に委ねるために委任状を発行することができます。 そのような文書を発行するにはどうすればいいですか?

命令

1

車を売るための委任状は手書きで書かれ、校長から代表者、すなわち車の販売に従事する者に与えられます。

2

文書の本文には、必ず委任状、それが作成された場所(市)、作成日または委任状の署名日、および有効期限を明記してください。 日付が刻印されていない場合、委任状は法的文書ではなく、法律で無効と見なされます。 有効期間は3年以上になる可能性があり、指定されていない場合は1年と見なされます。

3

代理人および代理人の氏名(姓、名、および姓)、必然的に完全な住所、ならびに居住地およびパスポートの詳細を委任状に記入してください。 文書に指定された権限を譲渡することが可能かどうかに注意してください。

4

委任状には自動車の主な特徴が記載されています。 以下を指定してください。 州ナンバープレート。 VIN識別番号。 車の製造年。 エンジン番号と本体番号 車の色 シリーズ、番号、TCPの発行日、および登録文書、およびそれらが発行された組織の名前。

5

担当者の権利を説明します。自動車の販売、そのためのお金の取得、交通警察への登録解除、番号の変更、自動車の登録に関する重複文書の取得などです。

6

委任状は、その任期が満了したとき、元本によって取り消されたとき、解任された人物がその職務を遂行することを拒否したとき、または彼が死亡したときには無効となります。 委任状はいつでも取り消すことができます - これは校長の権利です。 しかし、法的には、それは代理人が文書の終了のニュースを受け取った(受け取ったはずの)時点で行動するのをやめる。 あなたは、郵便、ファックスまたは電子メールで通知を送ることによって委任状を取り消すことができます。

注意を払う

代理による車の購入に関連する主な問題:車の販売のために発行された委任状は、真の所有者によっていつでも(なんらかの理由を与えることなく)取り消されることがあります。 委任状には、販売の事実、車の送金、および金銭は記録されていません。 所有者に対するいかなる裁判所の判決の執行の結果として、車は逮捕される可能性があります。

良いアドバイス

したがって、車が3年以上所有されている場合にのみ申告を提出することはできません。また、申告時の税金は、購入価格が売却価格と同じかそれ以上の場合、または売却がそれ以下の場合25万 代理で車を買う(売る)ことは所有権の移転を伴わない - 実際、買い手は最長3年間その車を使用し処分する権利のみを取得する…

関連記事

どのようにして通知が届いたのかを知る方法は?

  • 車の販売のための委任状

ヒント2:車の委任状の作り方

委任状は書面による権限です。 委任状は、ある人物から別の人物に発行され、委任状は第三者への提示を目的としています。

民法の理論には、一般的な委任状のような概念はありません。 しかし、それはすべて、車両に関連する一連の行動の実施を意味します。
自動車の委任状を発行するには、次の書類を用意する必要があります。
1.本人ID(パスポート)
2.信頼できる車両のパスポート。原本またはコピーのどちらでもかまいません。
信頼されている車両の登録証明書。
4.自動車の委任状を発行する必要がある人に関する完全な情報。 必要な情報には、次のものがあります。姓、名、姓、生年月日、パスポートに登録されている住所。 いかなる誤りも除外されるためには、委任状が発行された人のパスポートの原本またはコピーを取り込む必要があります。
5.登録が行われている場合は、車両が購入者によって購入されたことを確認する文書を取り込む必要があります。 通過番号を参照する文書が発行された場合は、それらを提供する必要があります。
車の所有者は、3年を超えない期間内に車の委任状を発行できることを忘れないでください。 委任状の草案は、交通警察によって課されるすべての要件を考慮に入れるのと同様に、司法、法執行機関の専門家によって開発されました。
委任状の登録には、厳格に定められた利率があり、それは執行の間に従います。 公証人サービス、ロシア連邦税法第3333.24条に基づく関税、法的および技術的作業に対する関税が含まれます。
委任状の価格は、次のようになります。



  • 配偶者、子供、両親、姉妹、兄弟 - 250-500ルーブル。

  • 別の個人 - 400-500ルーブル、

  • 本人が法人の場合 - 800-1000ルーブル、

  • 委任状 - 800-1000ルーブル。

委任状を適切に発行するためには、委任状を委任状のために第三者が使用することができますが、最初の委任状が存在しない場合、その価値を失います。 次の場合には、委任状はその効力を失う:失効日、本人による委任状の取り消し、本人の死亡、交代を受けた者の拒絶。

arrow