エディターズチョイス

収用農場は何ですか?

Anonim

旧石器時代および中石器時代中、人類はいわゆる専有経済を導いた。 その遠い頃、人類とその必要性の数が今のように多くなかったとき、スローガンは「自然からすべてを取りなさい!」と言いました。 絶対に公正かつ公正でした。

経済を占領することのまさしくその本質は、古代の人が彼が提供することができるすべての性質を使用したということでした - すなわち、 その果実を充当した。 経済の収用には、集会、狩猟、漁業の3つの形態があります。 ダーウィンの教えに従って、集会と狩猟は祖先と動物界から古代の人によって受け継がれたという事実にもかかわらず、古代人による純粋な財産の譲渡の純粋な形では決して起こらなかったことを心に留めなければなりません。 結局、開発のごく初期の段階でも、彼は自分の周りの世界には存在しなかったツールを発明しなければなりませんでした。 例えば、ホモ・ハビリス(「熟練者」)の最初の遺跡は、東アフリカのOlduvai渓谷で発見されました。 これらの人々は特別な方法で石を裂くことができました。そして、結果として生じる鋭い道具を使って死体を忘れました。
旧石器時代の後期の男は、すでに20の項目について彼の作品を使って、はるかに多様な収用経済を導きました。 彼は皮でできた複雑でない服を作るために針さえ持っていました。 古代の人々の進歩は勢いを増し、歴史的基準により短期間で、割り当て経済の構造が形成されました。
科学者はその主な機能を検討します。
- 集団生産
- 平等配分を特徴とする共同農法。
- 人々の互いに対する、そして自然の循環に対する平等な依存。
- 石器の主な用途
- 技術の進歩、遅いペースでの発展
- 人口密度が低い。
- 性別および年齢による分業
収用経済の諸要素は、長い間さまざまな部族や人々の生活の中に存在してきました。 それで、例えば、東スラブ人は次の段階の経済活動に移りました。それは生産と呼ばれています、紀元前におよそ千の千だけです。

arrow