エディターズチョイス

登記所から死亡診断書を入手する方法

Anonim

人の死後、彼の親戚は死の切手証明書を受け取るべきです。 この重要な文書は、故人のパスポートと引き換えに、専ら登録事務所で発行されます。 ただし、証明書を取得するには、すべての規則に従って発行する必要がある、さらにいくつかの書類を提出する必要があります。

あなたが必要になります

  • - 死亡者のパスポート
  • - あなた自身のパスポート
  • - 医療証明書をフォームにまとめたもの
  • - 死体のプロトコル検査。

命令

1

人が死亡した後は、診断書を取得しなければなりません。 自宅で死亡した場合は、地区セラピストに連絡してください。 彼は死体を調べ、死を述べ、適切な用紙に記入します。 その後、死体検査に関する報告書を作成しなければならない警察官を招きます。 これらの書類、死亡者の保険証書、およびあなた自身のパスポートを使用して、地区の診療所に医学的死亡診断書を提出してください。

2

夜間に死亡した場合は、地元の医者の代わりに救急車チームに連絡してください。 死亡者が長期間地区診療所にいなかった場合も同様にしてください - これに基づいて、医療スタッフは死について意見を述べることを拒否するかもしれません。 救急車の医師から死の証明書を入手し、警察に電話してください。それから - 遺体を遺体安置所に輸送するための死んだ輸送のサービス。 いつ、どこであなたが医学的死亡診断書を申請できるかを調べてください。

3

死体が剖検が行われた遺体安置所に運ばれた場合は、病理学者が証明書を発行します。 おそらく、あなたは体の準備のためにお金が必要になるでしょう。 支払い、小切手を取ることを忘れないでください。

4

診断書の記入の正確さを確認してください。 エピカシス、死亡者の名前の綴り、署名の有無、医療機関の丸印を指定します。

5

死亡した人のパスポート、死亡診断書、自分のパスポートなど、必要な書類をすべて集めてください。 死亡者の登録場所でレジストラに連絡してください。 治療の日または翌日に、死亡診断書をすぐに受け取ります。 遺体が剖検を受けた場合は、遺体安置所の領土にある登記所に連絡することをお勧めします - ここでは書類をより早く入手することができます。 遺体安置所のサービスの支払いを確認する小切手を提示することを忘れないでください。

6

登録者は、死亡者のパスポートと引き換えに切手証明書を発行します。 死亡した人の名前のつづりを確認し、登録簿にサインインします。 証明書に加えて、あなたは葬儀手当を受け取ることができるそれに応じて証明書が与えられます。 給付金については、死亡者の勤務先の事業所に連絡してください。 死亡者が機能しなかったか年金受給者だった場合は、年金基金の地区事務所に連絡してください。

  • 死んだ文書

arrow