エディターズチョイス

裁判所の会期を延期する方法

Anonim

最近のほとんどの法的問題は法廷で解決されています。 裁判に参加すると、間違いなく召喚状を受け取ることになります。 それはあなたが職場を欠席した理由を説明する公式文書になるでしょう。 しかし、時には別の日に裁判を延期する必要があります。

命令

1

あなたが正当な理由で出頭することができない場合は、事件が検討される裁判所に書面による請求を提出してください。 請願書には以下を明記しなければならない。
- 裁判所の氏名
- 検討中の事件における姓、氏名、後援、手続き上の地位、居住地。
- あなたが法廷審問の延期を申請した理由。
- この事実を確認する文書のリスト
- あなたが事件の審議を延期するように求める期間。
請願書は2部印刷する必要があります。 あなたは2部目に裁判所事務局に1部を残すでしょう - 嘆願書が受理されたという印が作られます。 2番目のコピーはあなたと一緒に残ります。
請願書を電報で裁判所に送ることもできます。

2

プロセスの重要な参加者が正当な理由なしに表示されない場合、法廷審問は自動的に再スケジュールされることがあります。 同時に、これが数回繰り返されると、訴訟のこの面を主導で裁判所に持ち込むことができます。 この場合、裁判所の審問は裁判官によって新しい日に任命されます。 廷吏は強制的に法廷に引き渡すように指示されています。 当然、これはまた会議を新しい任期に延期することを伴います。

3

裁判所の労働時間が終了するまで時間が遅れる場合も、会議は延期されることがあります。 この場合、裁判官は再日程計画についても独立した決定を下すことができます。

4

さらに、祝日が決まった日に当たる場合、または「勤務中」の弁護士がプロセスの参加者の1人に無料で提供されなかった場合、会議は自動的に再スケジュールされます。 後者の場合には、任命された弁護士が自分が代表する参加者と共に事件の資料を知ることができるようにするために、審議の時期を後日に延期することができる。

5

あなたが弁護士または裁判所からの請求に対する返答を待っている場合、別の日に審問を予定する要求があると、会議の日程は再スケジュールされます。 この申立ては口頭でも書面でも提出することができます。

  • 裁判所を延期する申立て

arrow