エディターズチョイス

2019年に当事者間の合意を形成する方法

Anonim

特定の状況下では、事実上すべての契約上の義務が解除される可能性があります。 民法は多くの問題を解決するための効果的な手段を提供しており、契約の終了も例外ではありません。 契約は、司法手続きにおける一方の当事者の主導でも国の構造の主導でも終了することができます。 また、当事者間の合意により契約が終了する可能性があります。

命令

1

当事者間の合意による契約の終了は、ロシア連邦民法の第450条に基づき許可されており、その終了の必要性についての当事者間での相互判断の存在を規定しています。 第三者に有利な契約を除き、実質的にいかなる契約も当事者の合意によって終了することができます。

2

この原則に従って契約の終了が認められ、 当事者が契約を終了する必要性に同意した場合は、相手方との会合を取りまとめ、契約上の義務の解除に関する詳細をすべて話し合う。 実際には、契約の終了は必ずしも無償ではありません。 ほとんどの場合、一方の当事者が被った損失や経費を補償する必要があります。 したがって、各当事者を満足させ、以前に署名された契約の衝突のないキャンセルを可能にするソリューションを開発する必要があります。

3

会議を記録し、その結果について合意を作成します。 当事者間の合意では、解約する契約の詳細、参加者のリスト、解約の根拠、失効日、損害賠償に関する合意がある場合はその期限、具体的な金額、支払条件を指定します。

4

契約の終了時に、和解は行われませんが、たとえば、借金の移転や委任がある場合は、債権者の追加の正式な同意を得て確保する必要があります。 そのような同意が得られない場合、終了契約は無効と見なされます。 当事者間の合意と同時に元の取引が締結された形式(契約、契約、合意、義務など)で債務を譲渡する。

5

別に、合意で指定された条件が満たされるならば、 当事者が互いに対する相互の主張を持たないという事実を記録してください。 この段落は、契約が終了した場合であって、当事者によるその義務の全履行に関連して行う場合にも意味があります。

6

元の契約に基づく両当事者の印鑑と署名を使用して、当事者間の合意書を2部作成する。

  • 契約の仕方

arrow