エディターズチョイス

社会税控除の記入方法

Anonim

あなたの子供が大学のフルタイム部門で商業ベースで勉強しているならば、あなたは少し節約することができます。 これを行うには、社会控除のためのフォーム3-PITで申告書に記入する必要があります。 申告書は、授業料が支払われた年の翌年の4月30日までに税務署に提出されます。

あなたが必要になります

  • プログラム「宣言-2010」、支払いの受領、有料教育サービスの提供のための契約、教育活動を実施するための大学の免許証のコピー、2-NDFL形式の所得証明書。

命令

1

http://www.nalog.ru/el_usl/no_software/prog_fiz/3779682/の連邦税務署のウェブサイト上の3-NDFLフォームに納税申告書を記入するためのプログラムをダウンロードしてください。 このプログラムはあなたの仕事を促進します。

2

そのため、プログラムを起動してウィンドウを開いたら、左側の[条件の指定]タブを選択します。 申告の種類3-NDFL、訂正番号 - 0(申告が初めて提出されたが未指定)の場合、納税者の​​サインが別の個人で、収入がある場合、フォーム2で考慮されます。 NDFLは、あなたが個人的に情報の正確性を確認しています。 表示されたリストから税コードを選択してください。 あなたが慎重にセクションに記入しないならば、コンピュータはあなたの欠点を示します。

3

[申告情報]タブをクリックします。 あなた自身についての情報を記入しなさい - あなたの姓、名、愛称、TIN(あなたはhttp://service.nalog.ru/innmy.do;jsessionid=15C616199716C71DC88ABD06048502DDでそれを見つけることができる)、生年月日と場所を入力する。 身元を証明する書類のリストから、必要な書類を選択し、その詳細を指定します。 これは通常、ロシア連邦の市民のパスポートです(コード21)。 次に、居住地に関するデータを入力します。

4

[収益情報]タブをクリックします。 あなたは13%の税率で課税される報告税期間中に受け取られる所得を指定しなければなりません。 これを行うためには、アイコン「13」(それは黄色である)をクリックし、支払いの元(すなわち、雇用者)についての情報を記入し、受け取った収入についての情報を入力する。 あなたが複数の組織で働いている場合(パートタイム)、すべての支払い元(すべての職場について)およびこれらの組織で受け取った収入についての情報を提供してください。 所得証明書のデータに従って、「課税所得額」、「計算された税額」、「源泉徴収税額」の各行に入力します。 しかし、プログラムは収入そのものの総額を計算します。

5

[控除]タブをクリックします。 2-NDFL参照からデータをコピーして、mの標準控除セクションを埋めます。 次に、赤いチェックマークが表示されているアイコンを選択します。これが[社会的控除]セクションです。 「社会税の控除を与える」というラベルの付いたボックスにチェックマークを付け、支払い文書に従って、子供の教育に費やした金額を入力します。 覚えておいて、ロシア連邦の税法は5万ルーブルの量で訓練に費やされる資金のしきい値を設定しています。 両親(保護者または介護者)の合計金額で、各子供に。 しかし、あなたが支払った授業料の額が設定された制限を超えた場合は、実際の費用を示すこと自由に感じなさい - プログラムはこの瞬間を考慮に入れ、それ自体で最終的な金額を修正する。

6

一番上のフィールドの[チェック]タブをクリックして、宣言の入力が正しいことを確認します。 プログラムはあなたがした間違いについての情報をあなたに与えます、そしてあなたが宣言に正しく記入するならば、それはあなたに文書検証が首尾よく完了したことを知らせます。 これで、上部フィールドの[印刷]タブをクリックして宣言を印刷できます。 変更を加える必要がある場合に備えて、 宣言を電子メディアに保存することを忘れないでください。

7

発生した経費を確認する書類のコピー、有料教育サービスの提供に関する契約のコピー、および教育機関によって認定された関連ライセンスの認定コピーを申告書に添付することを忘れないでください。 オリジナルの書類を(ライセンスを除いて)あなたと一緒に持って行きなさい - 税の検査官はあなたによって提出された書類のコピーの信憑性を確かめる義務がある。

注意を払う

ロシア連邦税法第219条の規定に従って、納税者は社会税の控除を受ける権利があります。
- 子供たちの教育の支払いだけでなく、自身の訓練の支払いにも費やされた金額。
- 治療(彼、配偶者、未成年の子供、両親)または任意の個人保険に費やされた金額。
- 慈善目的のために記載されている金額で、総年収の25%以下。
- 非国家年金基金に移転された額、ならびに労働年金の積立部分の追加の共同資金として拠出された額。

  • 申告書に記入する方法2010

arrow