エディターズチョイス

材料損傷を証明する方法

Anonim

法的関係、契約違反、および義務の矛盾が発生した場合、負傷者は重大な損害に対する賠償を請求する権利があります。 関連する契約または状況で報酬の支払条件が指定されている場合は、払い戻しが可能です。 しかし、物的損害を安全に補償するためには、いくつかの規則を知る必要があります。

あなたが必要になります

  • - 違反の事実
  • - 損失額の決定
  • - これらの措置の結果として生じた違反や損失の原因と影響の決定
  • - 原告自身が損失を防止または防止するための措置を講じたという事実の存在。

命令

1

損害賠償額を計算します。 重大な損失の規模を正しく判断するのに役立つ弁護士のサービスを利用してください。 受けたダメージを調べて評価します。 計算にクレームを添付してください。

2

裁判前命令では、被告に損害賠償の請求を送ります。 あなたが支払いのためのすべての要件と理由を正しく設定した場合、事件は裁判所に届かないかもしれず、犯人は自発的に金銭的補償を支払うことに同意するでしょう。

3

自発的な補償が発生していない場合は、 損害賠償請求を行います。 被告の罪の証明、 損害賠償額、賠償額、および適切に定式化された請求を判断する必要があります。

4

この場合、被告人および裁判官との連絡を必ず確立してください。 さらに、あなたの訴訟におけるすべての裁判所の公聴会に出席してください。そうすれば、あなたはあなたの有利に終わるプロセスに参加することができます。

注意を払う

財産喪失事件の成功は、その事件を取り扱っている弁護士の資格にかかっています。 そのため、この分野で豊富な経験を持つ専門家に連絡してください。 被告が審判前手続中の損害賠償請求に応答しない場合は、金銭的損害を執行するために裁判所への緊急の上訴が必要とされます。

良いアドバイス

損害賠償額を証明することは非常に困難であり、そのようなことは非常に長い間続いています、それが補償を待つために長い時間がかかるという事実に備えて準備してください。 裁判所は、原告の主張が納得できないと考えることが非常に多いため、証拠として、常に弁護士に相談してください。 事件の審議を遅らせず、また裁判所に許されないようにするために、被告の当事者が損害への関与に異議を唱えない場合は、譲歩し、補償額を減らすことができます。

arrow