エディターズチョイス

仕様書の作り方

Anonim

さらに注意を要するプロセスは、製品仕様書の作成です。 仕様は、製品を構成するアセンブリ単位および部品の記号と名前のリストです。

命令

1

GOST 2 108 - 68に従って、すべての仕様書用のテンプレートを準備します。 テンプレートは、「フォーマット」、「位置」、「ゾーン」、「名前」、「指定」、「番号」、「メモ」の列を持つテーブルを表示するA4シートです。 基本データはシートの一番下にあります。 それらは開発者と検証者の名前を含まなければなりません。

2

フィールドにメインデータを入力します。 開発者と検証者の名前に加えて、仕様の承認を担当する担当者の名前を示してください。 必ずシートのシリアル番号を入力して、その合計番号を指定してください。 最後のシートに、変更の登録を記録する必要があります(GOST 2.503-90による)。 製造期間全体を通して、このセクションに必要な変更がすべて加えられます。 ただし、製品仕様書が完全に2枚の用紙に配置されている場合、このセクションは提供されません。 枚数が3枚以上の場合は、登録用紙が追加されます。

3

仕様のすべてのセクションに署名してください。 列の「名前」にはセクションの名前を示し、細い線でそれらの下線を引きます。

4

「ドキュメント」セクションにデザインドキュメントの名前と指定を書きます。 原則として、最初のものは組立図、次に付属の説明書(説明書、技術文書の陳述など)です。

5

"詳細"、 "複合体"、および "組立単位"の各セクションに、製品を構成する対応する部品とアセンブリの名称と名前を入力します。 アルファベット順に並べることをお勧めします。

6

位置、つまり図面内の組立単位または部品が存在する番号、およびシート形式を指定します。

7

残りのセクションを埋めることを忘れないでください。 業界標準、州標準、および州間標準に従って製造された「標準製品」製品に書き留めます。 「その他の商品」の中に - 特定の仕様(仕様)に従って発行された。 「材料」セクションでは、製品の単位の生産に使用されるすべての材料とそれらの数量を指定します。

arrow