エディターズチョイス

保険が支払わない場合の対処

Anonim

被保険者イベントの発生自体は楽しいイベントではありません。 そして同時にあなたがあなたの損失を支払うために保険会社の消極的な態度に直面しなければならなかったならば、状況は悪化するだけです。 保険料を支払うことを拒否する保険会社はどの程度正しいのでしょうか。


保険料の支払いを申請する際には、保険会社の失敗の大部分は、顧客の法的非識字率と顧客の利益を擁護する意思のないことを目的として設計されていることに注意する必要があります。 もちろん、保険金支払いの拒否が正当化されることを否定する必要はありませんが、そのような状況はあまり一般的ではありません。
この事実の理解に基づいて、あなたの仕事は保険契約の詳細に精通することです。 そして、それは支払いの問題に来たときではなく、前もってそれをするのがより良いです。 被保険者の状況、保険の状況のリストなどの場合の行動の順序を明確にし、支払いを受け取るときに問題に遭遇しないように、どの文書をどの期間内に提供する必要があるかを知っておく必要があります。
状況が保険のカテゴリーに分類され、そしてあなたが保険契約の枠組みの中で行動したならば、保険を得ることに関する困難は起こらないはずです。
保険会社から拒否を受けたときは、必ずこの事実を文書化してください。 公式に支払うことを拒否すると、あなたは彼らの権利を守ることがはるかに容易になるでしょう。
それは、保険会社に対する直接の請求から始める価値があります。そこでは、現在の保険契約に従った拒否の根拠のないことが強調されるべきです。 クレームを書面で提出し、保険会社によるその領収書の事実を登録します。
クレーム控訴訴訟が効力を有さなかった場合、あなたはあなたの侵害された権利を保護することを仕事とする多くの州の機関によって支援されます。 すぐに、懐疑論は減らされるべきです - 国家機関の影響は、支払うことの不当な拒絶をめぐる大多数の論争によって解決されます。
消費者保護協会に連絡することは理にかなっています。 書面による声明を作成し、登録し、権利の侵害を確認する文書のコピーを添付する。 違反者に小切手が送付され、その後違反者に通知されます。
さらに、保険監督の地方支店に苦情を申し立てることができます。 保険会社に送付された請求と同様に苦情を申し立てます。
あなたのすべての行動が保険会社にあなたのために資金を支払わせることを強制しなかった場合、残された唯一の解決策は裁判所への請求書です。 そのような場合には平均的な人に知られていない多くの微妙な点があるので、すぐに、我々は主張で訴訟に行くとき、人が資格のある弁護士の支持に頼るべきであることに注意する。 裁判はすぐには終わらないので、その始まりの合理性を評価することが必要であることも理解されるべきです。 実際には、訴訟は、かなり重大な金額の支払いになる場合に頼られます。

arrow