エディターズチョイス

リース契約を登録する必要がありますか

Anonim

不動産のリースは、常に法律によって最大限に規制されてきた種類の契約に属します。 これは、経済主体の活動に関するこれらの文書の重要性が非常に高いためです。


組織のリーダーは、リース契約の州登録の必要性に関して多くの質問をしています。 リース契約は、当事者によって規定された特定の期間および無期限に締結されることがあることに留意すべきである。 1年未満の期間で締結された非居住施設のリース契約は、登録する必要はありません。 非住宅施設は建物または構造物の一部です。 後者のリース契約は、民法の規範に従って1年以上の期間にわたって締結された場合にのみ、州の登録の対象となります。
場合によっては、リース期間は1年未満、たとえば11か月で、その後同じ期間延長されます。 この場合、2001年2月16日の最高仲裁裁判所の議長の情報レターを参照する必要があります。これには、1年未満の期間に締結されたリース契約を解約の日に無効にする4 現時点で同じ期間に新たな契約が締結された場合、当事者の関係は新たに締結された契約によって支配されることになります。つまり、この文書は国家登録の対象とはなりません。
そのため、リース契約では、一時的な確実性を規定することができます(1年以内または1年以内)。 しかし時々、契約は無期限に締結されます。 時間の確実性はありません。 この場合、民法に従い、リース期間が契約に明記されていない場合は、無期限で締結されたとみなされます。 同時に、いずれの当事者も、契約関係を放棄し、相手方にそれについて1ヶ月間警告し、不動産を借りる権利を3ヶ月間保有します。 法律には、永久リース契約の登録に関する情報は含まれていません。 しかし、最高仲裁裁判所の通知書には、契約は特定の期間締結された場合にのみ州の登録の対象となると通知されています。 それ以外の場合は、契約の登録は不要です。

arrow