文書の信憑性を確認する方法

Anonim

多くの場合、文書の信憑性を確認する必要があります。 例えば、海外旅行をしてそこに仕事を申請するときは、教育の卒業証書を確認する必要があります。 また、時々、ロシア国内の電子文書を含む他の文書の信憑性を確認する必要があります。 しかし、誰もがこれを行う方法を知っているわけではありません。

多くの場合、複製の形で、またはコピーの形で、あるいは通常のタイプのデザインに対応していない文書の信憑性を確認する必要がある場合があります。
まず第一に、これらがロシア国内の文書で、国内で使用されている場合、たとえば出生証明書やその他の種類の書類など、公証人のサービスを利用できます。 これを行うには、関連するすべてのマークを受け取るために公証人サービスに来なければならない元の文書が必要になります。 公証人は原本を確認し、確認のためにコピーとスタンプを押して文書に署名します。
文書を調整するとき、公証人は原本とコピーの詳細を検証し、文書を起草または受諾した日付を見て、役人の署名を検証し、印を見ます。 文書の信憑性を確認することが困難なのは、提供された文書のコピーがこの団体の権限に対応していない場合、法律に違反して発行された場合などに限ります。
文書の真正性を確認するなどの手続きを実行するには、公証人事務所で設定された金額の手数料を支払う必要があることに注意してください。
海外で発行された文書の信憑性を確認する必要がある場合は、少し異なるスキームが必要になります。 このような状況で信憑性の確認を必要とする文書には、結婚証明書、海外で受けた教育に関する文書などが含まれます。 アポスティーユを使ってそのような論文の信憑性を証明することは可能です。 これは文書の一種の公証翻訳であり、必要な切手、署名、および情報の真実を証言した人の証明によって確認されます。
アポスティーユを手に入れるためには、身分証明書を提示して、適切な要求で公的機関に連絡する必要があります。 アポスティーユの登録のための州の義務の支払いのために領収書を必ず要求してください。 この認証は、検証しようとしている文書ごとに必要になります。
ハーグ条約の加盟国である他の国に輸出する文書については、ロシアのみで文書のアポスティーユを発行する必要があることにも留意してください。
電子文書も真正性をチェックすることができます - そのような見込み客は、インターネット上でビジネスをすることに切り替えている多くのビジネスマンに興味を持っています。 これには、デジタル署名が使用されます。これは、コンピューター上に作成されたが印刷されていない契約の信憑性への鍵です。 今日、そのようなデジタル署名を作成することはそれほど難しくありません。 しかし、それは両社間の文書流通のプロセスを大幅に簡素化し、通常署名のために文書を運ぶ宅配便業者にお金を節約させるでしょう。

arrow