法人の設立はどうですか?

Anonim

法人設立のプロセスはどうですか? すべてが徐々に生産されるべきです。 誰かがいくつかの段階を経て「飛び越えよう」とすると、将来的には一定の困難が生じるでしょう。 彼らは何につながることができますか? 非常に深刻な問題に。

法人を作成する方法は何ですか? 最初から作成することも、再編成の過程で作成することもできます。 ご存じない場合は、再編成が特定の法人(または個人)が存在しなくなる過程であり、その代わりに新しい組織が出現する(または権利と義務が既存の会社に移転される)プロセスであることを明確にします。 法人の設立は、分離と分割のような形態の再編の下で行われます。

企業がどのようにして最初から作られているのかについて直接話しましょう。

法人を設立することは、ある決断が下されるという事実から始まります。 すべての創設者(または創設者が1人の場合は創設者)は彼を受け入れなければなりません。 法人を設立するという決定は、将来登録機関に提出される重要な文書です。

創設者は、ある種の積極的な行動をとる前に、自社の組織的な法的形態を決定し、それがどの基本目標を追求するのかを見極めるべきです。 これらのデータは構成文書に反映される必要があるため、これを遅らせることは不可能です。

構成文書とは何ですか? 伝統的に、彼らは憲章と協会のメモを含んでいます。 設立に関して別の合意があるかもしれません、しかし、それはそれほど頻繁に使用されていません。 憲章は最も重要です。 将来の組織は事業活動のみに従事でき、その規範は憲章に反映されています。 これらのコードはOKです。 単一の分類子からそれらを選択してください。 組織が最初の数か月間だけでなく将来も何をするかを正確に決定することが重要です。 将来何かを変更することを決定します - 憲章を変更することは非常に難しいので、問題が起こります。

法人の設立は、株式資本の形成に関連するプロセスです。 その大きさは? それは、法人の法的形態に直接依存します。 登録が開始されるまでには、少なくとも50パーセントの支払いが必要です。

法的実体の作成は、法的な住所について事前に心配しないと(会社が理論上将来的に存在するはずの部屋)、最後まで完了できないプロセスです。 ちなみに、登録は法的住所で正確に行われます。

書類一式が税に提出されます。 いくつかの予算上および余分な予算外の資金では、この検査のスタッフは会社を自身の口座に置き、そしていくつかではあなたに個人的に申し込まなければならないでしょう。

すべての文書が正しく実行された場合、法人を作成してもドラッグアウトされません。 登録後にすべきこと 印鑑を作成し、債権者を獲得し、追加のライセンスを取得することを検討するなどします。

arrow