エディターズチョイス

著者のサインは何ですか

Anonim

著者のサインのような概念には、2つの主な解釈があります。 それらの最初のものは出版社出版の要素としてそれを定義します。 このサインは20世紀初頭に現れました。 それは図書館学の分野で有名なスペシャリスト、Lyubov Khavkinaによって発明されました。 記号は文字と数字の組み合わせです。 彼は自分の生活の中で少なくとも一度は図書館の本を持っていった誰にでも見られました。 それは出版物の隅にあります。 ほとんどの場合、最初の文字は著者の姓をアルファベット順に表します。 数値指定に関しては、その割り当てに関して全体の表形式システムが存在する。

しかし、ほとんどの場合、著者の標章は、Khavkinの発明、および著作権の印 - 著作権を意味するものではありません。 これは円の中の文字「C」で、印刷出版物だけでなくインターネットでも見つけることができます。 著作権とは知的財産またはその他の財産を意味します。 この指定の本質を理解するためには、著作権の分野を掘り下げることが必要です。 ロシアでは、この分野はそれほど前に発展し始めましたが、すでに勢いを増しています。 著作権記号は著作権者を示します。 個人または組織は、必ずしも製品の作成者ではありませんが、作成者による譲渡の結果として、製品に対する独占的な権利を所有する場合があります。 作者は、自分の作品を他の人に売却したり譲渡したりしなかった場合、著作権者になることができます。 しかし、著作権者は常に作者ではありません。

誰かが他人の労働の結果を充当した場合、著作権は侵害される可能性があります。 これは、著作物の著作権を持っている人に言及せずに、著作物を盗作または部分的に複製することである可能性があります。 そして本や記事だけでなく、科学の発展、ノウハウ、そして他の作者のテクニックも盗まれる可能性があります。 文学作品の場合は、文章を分析して著者の判断​​が下されます。 著作権句読点などがあります。 また、単語の頻度やさまざまな品詞、文章の作成形式なども考慮に入れます。

驚くべきことに、この方法は本当に作品の作者を決めるのに役立ちます。 盗用者は、その洗練された内容にもかかわらず、他人のテキストを繰り返すことはできません。 もちろん、それらが天才ではない限り。 盗用に加えて、逆のタイプの詐欺、つまり信憑性の改ざんがあります。 これは、有名な作家によって書かれたと思われる原稿が発見された場合です。 実際には、これらの作品のほとんどはすぐに偽物のカテゴリに入ります。 それらはテキスト分析に基づいて初歩的に計算されます。 古い文書について話しているのであれば、紙とインクの分析がまだあります。

インターネット上の著作権を保護することが最も困難です。 テキストがコピー、修正、および盗まれないという保証はありません。 オンラインで書く人は、しばしば作家を保持せずに自分の作品を販売しています。 ウェブマスターやサイトの所有者は、そのようなテキストを自分のリソースに載せていて、それを盗むことを保証することはできません。 ソースへのアクティブリンクなしでコピーすることは、ネットワーク上ではまったく普通のことと見なされます。 同時に、警告バナーも保護スクリプトも役に立ちません。 テキスト自体をコピーできなかった場合は、少なくともアイデアが盗まれる可能性があります。 作者のサインは警告にはなりません。

ほとんどの場合、盗作者を起訴することは不可能です。 まず第一に、作者のマークは通常、権利自体を合法的に登録することなくサイトにインストールされるためです。 したがって、誰かがWebリソースから興味深いアイデアやノウハウを盗んだ場合、権利者は何も証明できません。 裁判所に頼ることができないことの2つ目の理由は、訴訟手続が高すぎて退屈であるということです。 さらに、盗作家は計算が不可能なことが多い。 結局のところ、コピーした記事は無料のサービスや他の人のリソースに投稿することができます。

arrow