アート コメント付きの刑法の171。 違法な取引(ロシア連邦刑法第171条)

Anonim

アート提供。 ロシア連邦刑法第171条は、経済主体の運営のために法律で定められた手続に対する違反となります。 規格は、刑事責任が発生する際の必須条件を定義しています。 彼らの不在下で、有罪は行政処罰のみに直面する。

芸術の構成 刑法の171

規範は、それが義務的であるなら、そして登録なしで、免許証なしで経済的実体の機能のための罰を確立します。 正義をもたらすための必須条件は次のとおりです。

  1. 組織、州、市民に大きな危害を加える。
  2. 大量の利益を引き出す。

Artの下での罰の装いに。 刑法の171は、指定された条件の少なくとも一つを満たすことが必要です。 直面しながら有罪:

  1. 30万ルーブルまでの罰金。 または2年までの期間の収入の量で。
  2. 逮捕は6ヶ月まで続いた。
  3. 480時間までの必須作業

悪化する状況

この規範は、違法起業家精神に対する処罰が厳しくなっている2つの理由を規定しています。 アート ロシア連邦刑法第171号の規定により、次のような行為の委任が定められています。

  1. 組織的なグループ
  2. 特に多額とみなされる金額の所得の抽出を伴う。

これらのケースでは、有罪となる面があります。

  1. 10万〜50万ルーブルの罰金。 または1〜3年間の収入と同じです。
  2. 最長5年間の強制労働。
  3. 同期間の投獄

最後の罰により、裁判所はさらに最大8万ルーブルの罰金を科すことができます。 または6ヶ月間の有罪判決の所得と同じです。

アート コメント付きの刑法の171

侵略の主題の概念は芸術への説明で明らかにされています。 169コード 訴訟の兆候を分析する際には、最高裁判所プレナムの勧告を考慮に入れるべきである。 刑法の171。 この規範における司法慣行は、経済主体の違法な仕事に関連する事件の調査、および違法に取得された所得や財産の洗濯(合法化)の特殊​​性を考慮に入れています。

ニュアンス

芸術によって規定されている行為。 刑法の171は、5つの形態によって特徴付けられます。 パート1にリストされている条件の1つが満たされると、すべての訴訟は犯罪となります。 重大な損害と収入は、行動規範第169条の説明に定義されています。 アートの規定を適用する際の利益として。 刑法の171は、加害者によって発生した費用を差し引くことなく、企業の違法な機能の間にサービス、製品および作品の販売からの収益を理解する必要があります。 組織的なグループから得られた収入を決定する際には、すべての参加者が受け取った金額から始める必要があります。

登録なし

太陽は、登録簿に法人の創設または個人による起業家の地位の取得についての記載が含まれていないが、対象が経済的および財政的な業務を遂行している場合、その行為は違法な事業と見なされると明言した。 アート その義務が法律によって確立されている場合、刑法の171は国家登録を回避する人々のための処罰を規定しています。 この手続きは、事業体の法的形態の法的認識です。 彼は農民農場、個人起業家、法人(商業企業)として行動することができます。

例外

加害者が登録できない法律で禁止されている活動を実行した場合、その責任は芸術に基づいて提供されません。 171、しかし他の標準のため。 例えば、武器、爆発装置、弾薬、それらの部品の違法製造は、第223条に基づき罰せられる。 アートによる罰則はありません。 個人的なニーズのために住宅を購入した、または(贈与証書の下で)財産を相続した個人起業家の地位に登録されていない、賃貸の目的で提供された、大量または特に大量の収入を受け取った個人に対するロシア連邦刑法171条。 そのような対象については、責任は本規範第198条の下で発生する可能性があります。

州の登録規則への違反

経済的実体はアートの規定に基づき責任を負うことがあります。 ある種類の仕事のための証明書を持っている場合、刑法の171は、別の場所で、または別の場所で、または別の組織法的形式で実行されます。 州登録規則の違反は、登録時に、明らかに加害者がその手続が無効であると認める根拠を与えるために実行された場合にも考慮される。 例えば、被験者は不完全な一式の文書を提出した。 規則の違反および有効期限が切れた証明書による作業の継続が考慮されます。 故意に虚偽のデータがある許可された文書化機関への提出は、登録が詐欺的な方法で得られたこと、そして州の構造が書類によって誤解されたことを示しており、その偽造は後で明らかにされた。

ライセンスなし

特定の種類の活動では、法律により、被験者は許可を得る必要があります。 許可の手続きは、連邦法第128号に定義されています。許可が必要とされる活動の種類には、権利、利益、健康、市民の道徳的状態、国家の安全保障と防衛力への損害が有害である可能性があります。 医療サービスを提供する事業体または免許なしで製薬業務を実施する事業体の行動が、市民の健康または死亡に損害を与えた場合、本行動規範の第235条に基づく資格があります。 しかし、特定の結果が生じなかった場合、加害者の仕事は、特に多額または多額の所得の抽出を伴うか、または国家、身体的人格、または組織に害をもたらし、アートの下で責任が生じます。 171。

アクセス許可の問題

登録された科目には、仕事/サービスの種類ごとにライセンスが発行されます。 許可を発行する権限を与えられた当局は、地方自治体または地域の当局であり得る。 法律は一般的な免許規則を定めている。 これは特定の種類の作業を指定し、その許可は連邦レベルでのみ発行されます。 このような活動には、特に武器取引、貴金属や石を使ったすべての操作、向精神薬/麻薬化合物などが含まれます。 同時に、仕事の種類、地域の認定機関による生産許可の確認も行われます。 これらには、医療、不動産、獣医活動、ガソリンスタンドによるサービスの提供などが含まれます。

管理責任

上記のように、少なくとも1つの必須条件がない場合、刑事罰は有罪者には適用されません。 国家登録または免許証なしで、または特別な許可に定められた要件に違反して、重大な害を及ぼすことなく違法な業務を遂行することにおいて、アートの下で責任が生じます。 14.1行政違反の規範 この場合に虚偽の情報を含む文書を承認機関に提出した法人または個々の起業家の監督は、アートの下で処罰されるでしょう。 行政コードの14.25(第4部)。

主観パート

行為は直接の意図の存在下で行われます。 この場合、加害者の動機は常に自己奉仕です。 犯罪の主題は特別な人です。 それは、組織の長または個人の起業家が免許または州の登録を回避することによって表されます。 法令に違反して活動する法人または個人起業家と労使関係にある企業の取締役を除く市民が、契約によって定められた義務を履行した場合、その責任において責任を負わないことを考慮に入れる必要があります。

適格症状

検討中の記事の第2部には、2つの悪化する状況が含まれています。 組織的グループの概念の説明は、刑法第35条第3部にあります。 その金額が600万ルーブルを超える場合、被害は特に大きいと見なされます。 グループが違法に受け取った収入を計算するとき、すべての参加者によって抽出された合計値から進む必要があります。 この場合、それらによって発生した費用は考慮されません。

犯罪のセット

企業の枠組みの中で、他の記事で規定されている行為の兆候を含む行動が実行された場合、すべての特定されたエピソードに対して責任が生じます。 特に、州の登録/許可を受けていない対象によるその後の非表示製品の販売または販売を目的とした製造、保管、取得、輸送では、罰はアートと関連した問題のレートで請求されます。 刑法の171.1。 同様に、国家補助切手の製造と使用(第181条)または安全性要件を満たしていない保管、生産、商品の販売、作品の生産、サービスの提供(第238条)の手続き違反も認められます。

行為の区別の難しさ

アートで。 ロシア連邦の刑法の171.2は、これのために確立されたゾーンの外でギャンブルの違法行為と組織に対する責任を確立します。 この場合の主題の行為は商業的なものとなるでしょう。 この点に関して、活動は民法第2条に規定されている実質的な特徴(第1項)に準拠しなければならない。 このことから、そのような行動が体系的に収入を得ることを目的としていないが、一回限りの取引の手数料を意味するのであれば、それらは芸術の犯罪を構成しないことになる。 171.2。 したがって、行為の適格性確認は他の規範条項の下で行われるべきです。 1つまたは複数の取引が識別され、その結果、最大に達していない金額の利益が得られた場合、有罪者は、その意図がより多くの所得を引き出すことであった場合、第171条(1)および33条(3)に基づいて起訴される。

arrow