法の源 法律の形態 ロシアの法律の起源と形態

Anonim

その存在を通して、人類はその直接的な活動の過程で生じる関係を規制するための最も効果的な方法を見つけようとしました。 検索時には、さまざまな方法が試みられてきました。 これらの最初のものは専制、つまり一人の人間の絶対的な力です。 非常に迅速に、この方法はその完全な非効率性を示しました。弱い個人だけがコントロールに屈したからです。 より大胆な人々は猛攻撃と脅威に抵抗することができます。

宗教はそのような暴力に取って代わるようになった。 広報を調整するこの方法は、はるかに高い効率を示しました。 しかし、彼はまた、その任務に完全に対処することができませんでした、なぜなら宗教はもっぱら共宗教派を集めることができるからです。 したがって、すべての方法がそれらの不作為を示したとき、法律は発明されました。 別の社会集団によって認可された規範のこの集合は、社会的関係の最高の規制者です。 同時に、特定の情報源や法律があります。 彼らはこのカテゴリーの有効性と特徴を示しています。 したがって、社会関係の規制者のあらゆる側面を徹底的に理解するためには、法の源、法の形態を分析する必要があります。

何が正しいの?

どのカテゴリにも独自の形式、症状、機能があります。 ただし、現象を詳細に分析するには、その概念を分析する必要があります。 たとえば、何が正しいのでしょうか。 一般的な理論によれば、それは社会的関係の規制者であり、国家認可を受けた行動規範の全システムからなる。 最後の要素は、順番に、正式な命令で修正することを特徴としています。 つまり、そのような規則はすべての人にとって必須の規範です。

さらに、そのような規格に違反すると、否定的な反応が見られます。 つまり、法的責任を規定されている市民のためです。 法の存在は多くの要因に左右される。 まず第一に、人間の意識は非常に重要です。 つまり、国民は国家形成によって彼らに割り当てられた義務の本質を理解しなければなりません。 もう1つの重要な要素は、もちろん、情報源の体系と法律の実現形態です。 この規制当局が特定の州で活動しているのは彼らのおかげです。

法の源泉(法の形態):その概念

法学の起源については多くの理論的発展があります。 何年もの間、多くの科学者たちは法律がその起源を見出し、それがどのように表れているのかを明らかにしようとしてきました。 21世紀には、一般的な理論的アプローチが開発されました。 彼によれば、法の源(形式)は規範が固定される特定の方法であり、それらの外部表現を獲得する。 同時に、この用語の理解について多数の解釈があります。

概念の違い

法の源泉、法の形態は必ずしも特定されているわけではないことに注意すべきである。 多くの場合、提示された概念は完全に異なる用語として提示されています。 例えば、法の源は現実の客観的現象と考えられており、それは国家によって認可された特定の行動規範を生み出す。 言い換えると、この形式は公式の表現形式、つまりすでに作成されている規範の全体性を指します。 同時に、この問題に関する3つ目の見解もあります。 彼によれば、出典は歴史的な法的記念物であり、その例はHammurabiの法律などを含む。しかし、我々がロシアの法律の出所と形式を分析するならば、この場合提示される用語は全く同じである。

ソースの種類(フォーム)

法科学では、この記事で考慮されている現象の種類を区別するための多くのアプローチを見つけることができます。 しかし、慣例が示すように、種の分離については単一の古典的な見方があります。 彼によると、法律の出所(形態)は以下の文書と概念を含む:

  • 規制法的行為です。
  • 法的先例
  • 法的慣習
  • 規制協定
  • 科学(理論、教義、アイデアなど)

このリストには、今日世界に存在する主な法律の形式(出典)が含まれています。 もちろん、それらすべてがロシア連邦で使用されているわけではありません。これについては、この記事で後述します。

規制の特徴

法律の出所(法律の形式)は公式の文書または行為です。 多くの州でそれらは主要です。 規範的行為は、その規定が公式文書に記録されており、人々の記憶に残っていないので、良いです。 したがって、それは効果的であるだけでなく、使用するのも簡単です。 原則として、規制行為は書面で発行された公式文書です。

この法律の出所(形式)の主な利点は以下の要素です。

  1. それを通して、あなたはできるだけ早くそして完全に広報に影響を与えることができます。
  2. 規範の実装は強制的な方法により可能です。
  3. 規則の規定を使用するには、公的機関である特定の主題を使用できます。
  4. 使用の全領域において、規制行為は同じように理解されています。

ロシアの法律の出所と形態は主に規制法に基づいていることにも留意すべきである。 それがこのシステムの鍵です。

先例

ロシアの権利の形態(出所)は、その構造に先例を含んでいません。 言い換えれば、それは私たちの国の領土で認識されていません。 しかし、アングロサクソンの法的家族の国々では、この情報源が存在するだけでなく、実際に活発に使用されています。

さらに、それは規制法よりも関連性があります。 本質的には、先例は事件に関する公式機関の決定であり、これは一般的になり、同様の状況に関するその後のすべてのレビューの参考となる。 この情報源は最も古いものです。 先例が古代世界の州で開発され広く使われていたからです。 源の現代的な外観は12世紀のイングランドに現れました。 先例にはいくつかの特徴があります。

  • 複数形 公式決定を下した当局がそのような情報源を生み出すことができるという証拠。
  • キャスアイズムは先例の詳細について話す機能です。 すなわち、それは現れ、そして特定のポイントケースで使用されます。
  • 柔軟性 言い換えれば、1つのケースを解決するために、イベントを開発するいくつかの方法があります。

したがって、先例は法律のかなり効果的な出所(形式)です。 しかし、その使用はいくつかの州でのみ可能であり、その法制度はその特徴によって区別されます。

法的性質の習慣

法の源(法の形態)は、記事で言及された社会的関係の規制者の創設の前にさえ存在していた習慣から大部分発展しました。 それらは書かれていない行動規範です。 法的慣習は、一定の規則を長期間にわたって適用することから生じます。 同時に、そのような出所は国家によって認識されるべきです。 そうでなければ、その使用は公式にはなりません。 税関の特徴は以下のとおりです。

  1. それは長期間存在しなければなりません。 習慣の使用は人々の習慣になるべきであり、質問をするべきではありません。 言い換えれば、この規則は一般的に受け入れられるようになります。
  2. 圧倒的多数の訴訟では、習慣が口頭での法律の根源です。 彼はどこにも記録されていません。 それはそれを絶えず使用する人々の心の中に存在します。
  3. 原則として、すべての税関は、例外なく、特定の地域に存在します。 それは彼らの地元の性格について語っています。 あなたがロシア連邦の法制度の特殊性を考慮に入れていないなら、この情報源はほとんどの場合宗教の規範から切り離せないものです。

このように、習慣は、法的規範の表現の効果的な地域の源泉および形式です。 今日それは国際法の分野で積極的に使用されています。

規制協定

規定されている他のカテゴリーと一緒に、規制内容合意書は法律の根源です。 しかし、それは通常の市民契約と混同してはいけません。 それは必然的に規範を使用しなければならず、それは特定の数の特定の個人の義務を負うものです。 これらの特徴を考慮に入れると、規制契約は個々の参加者の意志の行為であり、特定の法制度を確立し作成することを目的としていると結論付けることができます。 それは今日ほとんどの国で使われています。 ロシア連邦の形態(法の出所)には規制協定も含まれています。 ロシア連邦では、国内問題の解決に使用されています。

法学

最も一般的で本当に一般的な法律の根源は科学です。 それはあなたが時代に遅れずについて行き、適切な形で広報の調整者を維持することを可能にするのはこの分野での理論的発展です。 今日、法科学はほとんどすべての国で活発に発展しています。 その現れは教義、理論とアイデアです。

結論

それで、私たちはロシアと世界の法の形態(源)を考えました。 それらのほとんどすべてが今日アクティブであることは注目に値します。 これにより、社会の関係をできる限り迅速かつ効率的に調整する権利を効果的に実現することができます。

arrow