エディターズチョイス

ロシアのFMS:ロシアへの参入禁​​止

Anonim

2014年から、ロシア連邦への参入を禁止するという問題が特に深刻になっています。 これまで、情報は単に蓄積され、特定の人がいかなる状況下でもその国の領土にアクセスできないような特別な場合にのみ適用されていました。 しかし2014年には、すべてが深刻に変化しました。 非常に多くの人々が、彼らがもはや国境を越えて自由に行き来できなくなっていることを知って驚いた。 これらの機能はすべて、連邦法第114号に準拠しています。

法律114-FZ第26条

基本的にロシアのFMSによるロシアへの参入を禁止する。 他の臓器になることもありますが、これは規則ではなく例外と見なされます。 第26条は、多かれ少なかれ「ソフト」禁止の変形を示しています。 興味深い事実は、法律には、以下にリストされた点が禁止を引き起こすかもしれないと明確に述べているということです。 つまり、そうではないかもしれません。 あなたが常にオンラインサービスを通してこの情報をチェックしない限り、もちろんこれについて事前に知ることは不可能です。 それで、我々はFMSがエントリーを禁止することができる点に移ります。

  1. 行政違反 ある人が3年に1回以上責任を負うようになった場合、おそらく国を離れても、彼は次の3年間(最後の裁判所の判決以降)は立ち退かないでしょう。 それは一度壊れる可能性がまだあります、これは問題ではないはずですがそれ以上は推奨されません。
  2. 誤った情報 状態構造に関するあらゆる状況での一般的な規則は、正しい情報を提供することです。 目標に関係なく、ある人物が何らかの誤ったデータを報告しようとした場合、その人物は侵入を禁止される可能性もあります。 もちろん、最初に当局が正しいデータまたは誤ったデータが提供されているかどうかを理解する必要がありますが、これは通常非常に早く起こります。
  3. 滞在規則の違反。 これは主に定期的に国境を越える人すべてに関係します。 特にこの場合、ビザ制度は適用されません。 原則として、この規則は常に機能してきましたが、実際に使用される場合はめったにありません。 今、それは厳密にその国での彼らの居住期間を監視し、満了後直ちにその国の領土を離れることが必要です。 そうでなければ、あなたは禁止にぶつかることができます。 さらに、ロシア連邦の外で過ごす必要がある期間に関する規則が通常あります。 つまり、あなたはただ行って電話をかけることはできません。 公平を期して、ある人がその国でさらに正式な居住地の書類を提出した場合、これらの書類が検討されている間はこの規則は適用されません。

最後の項目は最も重要ではありません。 国境を越えて衛生または関税計画への違反が見つかった場合は、それらが排除されるまで、入り口も閉じられます。 これを避けることは非常に簡単です;何ができるかどうかできない/運搬できないかについての情報を事前に調べることで十分です。

法律114-FZ第27条

前の記事とは異なり、これはすでにより厳密に質問に取り組んでいます。 ここにそのような問題がリストされているので、連邦移民局の参入を禁止することは単に義務付けられているためです。

  • 意図的な犯罪の犯罪歴があります。
  • 前の滞在期間中の未払いの罰金または税の存在。
  • セキュリティ、労働法、公の秩序などに対する重大な違反。 この場合、禁止は最大5年間有効であり続ける可能性があります。
  • 出身国とのビザ制度があり、国境を越えるために必要な書類が入手できない場合、すべての必要な書類が受け取られるまで入国禁止も有効になります。
  • その国に入ろうとしている人が市民にとっても国家自体にとっても危険であるかもしれない場合には、それはどこにも許されないでしょう。
  • 再入院と国外追放を伴う。 一般的に、これらの概念はいくらか似ていますが、最初のものは原産国との合意に従って発生し、2番目のものはすでに国家内の人物を見たくないという強制的な国の構造による強制行動です。

誰が禁止することができます

ロシアのFMSに加えて、次の州の構造はロシア連邦への参入を禁止するかもしれません。

  • FMBA;
  • 連邦薬物管理局
  • MFA;
  • SVR;
  • FSB;
  • MIA;
  • 国防省。
  • Rospotrebnadzor;
  • 法務省。
  • ロスモニタリング。

実際には、連邦移民局によって禁止されているのではなく、別の禁止が課されている状況は非常にまれにしか発生せず、違反者がすでによく知っている本当に深刻な問題に関連している。

ロシア連邦への入国を禁止する

あなたが理解するのを助ける最も簡単なオプションはあなたがロシアに行くことができるか、これには意味がないということです - これはFMSオンラインサービスです。 制限なしにすべての人がアクセスできますが、この方法で提供されるすべてのデータは参照用にすぎないことを忘れないでください。 すなわち、禁止を改正するための請願書を提出するためにそれらを使用することは不可能です。 情報を入手するには、適切なサイトにアクセスし、すべてのフィールドに記入し(それらは署名されているので、間違いを犯すことはほとんど不可能です)、入力された情報を確認する必要があります。 数秒以内に、システムはこれらすべてを自動的に分析し、その評決を下します。 ここで言うことができる唯一のことはサイトが毎秒更新されないということであり、たとえその人が入場禁止をチェックしても発効した最近の裁判所の決定のために何も表示する必要がないということを知っていてもデータベースに。 その逆もまた真実です。 つまり、現時点で情報がない場合、それが国境を越えた瞬間には表示されないということはまったく事実ではありません。

正式な確認

公式文書が必要な場合は、FMSへの参入禁​​止について知ること以外に、他に選択肢はありません。 これは、そのようなデータを受け取るために適切な委任状を彼に与えていた人が、要求を書くかまたは彼の代理人の助けを借りる必要があることを意味します。 このような状況では、応答時間はかなり広い範囲内で変わる可能性がありますが、法律によれば、政府機関はこの要求を受け取ってから10営業日以内に必要な書類を提出する必要があります。 もし今のところ代表者を通して、どういうわけかそれを追跡することがまだ可能であるならば、そのような数は手紙で出てこないでしょう。 それが受取人に届くとき、それは推測するためだけに残ります。

禁止を解除する方法

それでは、FMSから入国禁止を解除することができるオプションを検討してください(CIS、海外または近距離 - この場合は関係ありません)。 したがって、次のようにすれば、高い確率で問題を解決できます。

  • 州の認定を受けた機関で学びます。
  • それは非常に緊急の医療を必要とします。
  • 一方では、その国での一時的な居住許可または居住許可についての文書があります。 彼らは責任を取り除かず、それでも違反に答える必要があることを忘れないでください。
  • 仕事のための特許があります(有料で完全に使用可能)。
  • 近親者または遠くの親戚である市民はロシア連邦の領土に住んでいます(近くにいるほど、問題に対する前向きな解決策を得る機会が多くなります)。

どのような状況であっても、かつては幸運であり入国を許可されていたとしても、将来的にそれが標準になるという意味ではありません。 違反やその他の同様の問題が発生すると、即座にその人がインバウンドにならなくなります。

正当な理由がある場合は、安全に法廷に声明を作成することができますが、最終決定に影響を与える可能性のある証拠がない場合はこれを行うことは強くお勧めしません。 もちろん、あなたは最初にFMSから公式文書を入手し、その理由を調べ、その問題を再考するための客観的な状況を見つけ、それから裁判にかける必要があります。

検討事項

規則によると、政府機関は少なくとも30日間、ロシア(CISまたは他の国 - ここでも重要ではありません)への入国禁止を解除する理由を考慮することがあります。 最大制限時間がないので、問題は非常に長い時間がかかる場合があります。 この中の主なことは、どんな「仲介者」または他の同様の個人も単に前もってこの許可をすることができないことを明確に理解することです。 だからあなたはそれらを信じることができません。 そして、彼らが問題の迅速な解決策に確信を持っていても、あなたは確かにお金をあげることはできません。 原則として、結果はないでしょう、そして費やされたお金は未知の方向に行くでしょう。

世界政治における禁止の実践

同じ2014年から、制裁措置としての参入禁止が頻繁に使用されています。 基本的には、ロシアとの関係で米国と欧州諸国が、その逆もそれほど頻繁には発生しません。 しかし、実際には、これはすべて「ウィンドウドレッシング」にすぎません。 平均的な人にとって克服できない障害であることは、権力のある人たちを妨害しません。

結論

不要な個人の参入の禁止は非常に広く使用されており、この慣例は古くから知られています。 誰かが(昔は)支配者を喜ばせなかったり、現在の法律に違反した場合、彼はその国から追放されるでしょう。 もちろん、彼を拘留し、他の適切な是正措置がない場合よりも利益をあげることができるのであれば。 そのような禁止にはひどいものもありふれたものもない。 主なことは何も壊さないことです、そしてそれから問題はないでしょう。

arrow