エディターズチョイス

署名の偽物 犯罪と罰

Anonim

署名偽造などの犯罪行為は、さまざまなレベルの詐欺師に惹かれています。 スペシャリストは犯罪コミュニティで知られており、どんな複雑さのサインも数分で再現できます。 そして、日常生活の中でこれがかなり一般的な行為であることは秘密ではありません。 たとえば、マネージャが配置されておらず、彼の署名が契約上緊急に要求されている場合などです。 しかし、特定の状況下では、文書内の発疹やダッシュストロークは、ペナルティだけでなく、自由を犠牲にする可能性があります。

しかし、主な問題は偽造者自身が偽の署名のために苦しむことができるだけでなく、それと共に文書を使用する人でもあるということです。 逆説的に言えば、たとえ書類に本物の印があったとしても、署名の模倣の兆候があるならば、その文書は無効と見なされます。 したがって、署名の偽造は自動的にすべての論文を無効にします。 それから法廷で、偽の文書を使用して、あなたは暗闇の中でいて、かなり困難であることを証明してください。 したがって、偽物の主な機能を区別する必要があります。

最も一般的な詐欺行為で、記憶または悩みの種です。 原則として、それらはオリジナルと多くの類似点があるので、識別が最も困難です。 それにもかかわらず、高価な専門家による検査を行わなくても、偽造の主な兆候を検出することは可能です。 これらは、手ぶれ、ストロークの上で止まっているハンドルの跡、および均一な圧力による不均一な線またはねじれです。 細かい修正や色付けは除外されません。 そのような欠陥は、偽造者の手が異常な動きをしなければならないという事実、ならびにサイン上の特徴的なストロークをできるだけ正確に再現したいという彼の願望が原因で発生する。 したがって、署名の偽造は精査によって検出することができます。 理想的には、文書上の署名をその初期のオリジナルと比較することが望ましいです。

偽造の署名がコピーによって作成された場合、偽造品を識別するのははるかに簡単です。 有名な文学の英雄が言ったように、印刷業界の現在のレベルでは、何でも可能です。 光にコピーする方法や紙を押す方法は次第に消えていきます。 コピー用紙または湿式法による署名の改ざんは、スクラップ材料の使用の痕跡を多く残しています。 現時点では、技術の進歩は静止していません。

スキャナーと高品質のカラープリンターは偽造品の製造において画期的な製品となっています。 偽のサインの高度な専門家は、事務用機器を使用するスキルを最小限に抑えながら、複雑なサインを再現し、必要な色合いを付けることさえできます。 この特徴と現在の特徴とを区別する主な特徴は、筆記用具の使用による紙の上に刻み目のない跡がないことだけです。 しかし、よく調べてみると、詐欺行為が露呈する可能性があります。

シグネチャ改ざんがどれほど高くても、それが検出されたときの処罰は避けられません。 もちろん、さまざまなケースで責任の程度を区別することが必要です。 一つのことは、未成年の男子生徒が自分の日記にクラスの先生のサインを熱心に描くこと、そしてまったく別の特権 - 特権を与えるローン契約または証明書の偽造です。 現在のところ、署名の偽造に対する刑事責任は、その使用の目的が何らかの利益の獲得である場合にのみ生じます。

犯罪の兆候はさまざまですが、その意味は変わりません。偽の署名の使用は、偽の文書または詐欺です。 シミュレータの動作にデリケートなコーパスが見つからない場合、事件は行政処分、懲戒処分、または仕事からの解雇で終わることができます。

arrow