従業員を解雇するときの最終支払い

Anonim

解雇された場合の従業員への最後の支払いは、彼の雇用の全期間にわたって後者に起因する資金の支払いを意味します。 契約終了の理由を考慮する必要があります。 結局のところ、市民の給料やその他の必要な支払いはこの基準に依存します。 このような状況では、マネージャは、従業員が最後に組織内で自分の活動を実行した日に辞任者との完全な和解が行われる必要があることを忘れてはなりません。 そうでなければ、上司は単に法律の問題を回避することはできません。

根拠

解雇の最終支払いは、雇用契約の終了のすべての場合に行われます。 しかし、従業員と彼の上司との関係が終わる理由だけが、その人が最終的に受け取る金額に依存します。 労働法第140条の規範によると、管理者はその仕事の最終日に市民に支払われるべき全額を支払わなければなりません。 また、指定された時間にこの手順を実行することが不可能な場合は、翌日従業員が彼との和解を要求したときにそれを実行する必要があります。 さもなければ、その人が法廷で侵害された権利の保護を申請するならば、リーダーシップは大きな問題になるかもしれません。

雇用契約は、雇用主の要請と市民の主導の両方で、また彼らの管理できない理由でも解約することができます。 さらに、労働協約を終了したいという願望は、しばしば相互的なものです。 後者の場合、契約の最終的な解決は、その人の仕事の最終日だけでなく、その後も行うことができます。

支払いの種類

雇用契約を終了する理由にかかわらず、最終決済が必要です。 必須の支払いは次のとおりです。

  • 従業員の給与
  • 使用されなかった休暇の補償
  • 第1部第2段落に基づく契約の当事者間の関係の終了時に退職金が支払われる。 ロシア連邦の労働法の81。

その他の種類の財政支援には以下が含まれます:両当事者の合意による解雇手当、および団体協約によって定められたその他の種類の重要な補償。

発行および保持の手順

支払うべき現金はすべて従業員に支払わなければならないことは明らかです。 同時に、それらのいくつかは時々差し控えられることができます。 特定のケースでは、それは彼が使用していた従業員を休職で解雇するときの休暇給与の問題ですが、労働活動の期間は完全には決まっておらず、市民はこの組織との関係を終わらせて辞任状を書いた。

しかし、もう1つ重要な微妙な違いがあります。 使用された休暇のためのお金は、彼の仕事からの退職が組織の冗長性または組織の清算によるものである場合にのみ、その人の解雇時にその人の給料から源泉徴収されません。 この場合、従業員は2か月間の平均所得額の退職金を支払う権利があり、仕事を得られなかった場合は3か月目の給与も支払われます。 市民の解雇に対する最終支払いは、彼の雇用の最終日に行われます。 そして、給与、制限のない休暇の補償、該当する場合は退職金が支払われます。

休暇給の計算

従業員が退職した会社は、その休暇に対して彼に報酬を支払わなければなりません。これは、雇用期間全体にわたって使用されたものではありません。 人がそれぞれ数年間その場所にいなかった場合には、支払い金額はこの間ずっと支払われます。 市民が自らのイニシアチブで組織との雇用関係を終了し、仕事の期間が完全に完了していない場合、この場合、使用された休暇について給与から控除が行われます。 この場合、会計はその人の仕事の正確な日数または月数を計算しなければならないでしょう。

解雇のための休暇の支払額は、次のように計算されます。

  1. 年次有給休暇の日数は、たとえば28とします。その後、1年の月数である12で割ります。次に、結果の数(2.33)に作業期間中に働いた月数(たとえば4)を掛けます。
  2. 2.33に4を掛けると、未使用の休暇日数は9.32になります。 次に、この数値に1日の収入、たとえば900ルーブルを掛けます。 それは8388ルーブルになります。 これは人が未使用の休暇の補償として権利を与えられるお金です。 13% - 同じ金額で源泉徴収個人所得税になります。

従業員への最終支払いは上司によって遅らされるべきではありません。 労働法で指定された根拠のどれが市民を去るかにかかわらず、それは時間通りに生産されなければなりません。

雇用契約を終了するためのカウント規則

従業員に起因するすべての支払いは、後者は企業での雇用の最終日に受け取る必要があります。 マネージャーが指定された時間に最終支払いをしなかった場合、彼は管理責任を負います。 この場合、市民は仕事中に報酬を支払うだけでなく、給与そのものも受け取る必要があります。

支払いが遅れる日ごとに、マネージャーはロシア連邦中央銀行の借り換えレートの1/300の額の罰金を支払います。 さらに、退職金の支払いの最終支払い額が従業員の3倍の収入額を超える場合は、13%の個人所得税をこの手当から支払う必要があります。 休暇給料を支払うとき、税も源泉徴収されます。

セルフケア

彼自身の要求による解雇の最終支払いは、彼の職務遂行の最終日にその人になされなければなりません。

  • 仕事の間中ずっと給料。
  • その人が数年間続けて年間休憩なしで働いた場合、休暇または休暇に対する補償。

ここで私たちは重要な事実に注意するべきです。 休日が市民によって使用されていたが、後者の要求による契約の終了時に、それぞれ労働期間が完全に完了していなかった場合、雇用主は以前に自分のお金から支払われた資金を差し控える権利があります。

前途有給休暇について控除することが不可能な場合

法律によって定められている場合もありますが、解雇が行われない場合は休暇を差し控えます。 このカテゴリには次のような状況があります。

  1. 雇用主の組織の排除
  2. スタッフの削減
  3. 市民が病気のせいで自分の義務を果たすことができないときの雇用契約の終了。
  4. 軍への呼びかけ。
  5. 以前の労働力が完全に失われた。
  6. 裁判所による前の立場への復帰。
  7. 当事者に依存しない状況が発生した場合の雇用契約の終了。

上記のいずれかの人を解雇する場合には、上司は彼の雇用の最終日に彼との最終和解を行い、法律で要求されるすべてのお金を支払わなければなりません。 さもなければ、その人は検察庁と司法裁判所で彼らの利益を守るために全権を持っています。

退職金:その計算と規模

そのような状況では、雇用主が労使関係の終結の開始者として行動するとき、市民は多くの場合に補償給付を受ける権利を有する。 週末とも呼ばれます。 この場合、この支払いの金額は2週間または毎月の収益になります。 2週間の従業員の給与額の手当は、次のような場合です。

  1. 人間の健康状態が彼がこの組織で働き続けることを可能にしないならば。 または、彼が別のポジションに移動することを拒否したときに、上司が彼に提供するものがそれ以上ない場合。
  2. 市民の労働力の完全な喪失を伴います。
  3. 雇用契約の条件があれば。
  4. ある人が軍隊または代替のサービスのために呼ばれたとき。

毎月の収入額で、手当が支払われます。

  • 減額に関連して雇用契約が終了したとき
  • 組織の清算の場合

また、労働協約は、そのような手当が従業員に支給されるときに他の状況を確立する可能性があります。 ただし、報酬を含む解雇の最終支払いの支払いは、その人の雇用の最終日に行わなければなりません。 さらに、この種の報酬を計算する際に、手当の金額が従業員の給与の3倍である場合は、税金の支払いを考慮する必要があります。 そうでなければ、個人所得税は支払われません。

最終決済の例

特定の組織との雇用関係を完了した従業員は、解雇の理由が認めれば、稼いだお金やその他の報酬を受け取る権利を持ちます。 次の例を考えてください。

労働者イワノフは彼自身の意思で企業から解雇された。 当然のことながら、彼はこの場合、退職金と雇用の瞬間の前の3ヶ月間の平均所得の維持を受けていません。 しかし、彼は稼いだお金をいつでも支払い、休暇を補償する権利があります。 この状況での従業員の最終計算はT-61の形で行われます。 これは、雇用関係の終了時に完了するノート計算です。

イワノフは4月に声明を書き、19日に辞任した。 したがって、彼は数えられ、1から18までの仕事の報酬が与えられるべきです。 彼の平均給与が2万営業日/ 22営業日の場合(このような数値は4月です)、1日当たりの金額は909.09ルーブルです。 それは解雇の月に働いた日数 - 18を掛けたものです。その結果、量は16363.22です - 4月のイワノフの給料。 さらに、組織は最初にこのお金に税金を支払い、次に会計士が市民に最終支払いを発行します。

その人は4月に去り、彼は6月からのみ休暇にあり、彼は彼を使用しなかったので、彼は補償を受ける権利があります。 計算は次の順序で行われます。

イワノフは今年3か月18日働いた。 しかし、計算は4フルになります。 10分の1および100分の1の単位に切り上げることは行われないので、その金額は28日の休暇/ 1年の12ヶ月= 2.33日から計算されます。 その後、2.33 * 4(月間作業)= 9.32日。 そしてそれだけで9.32 * 909.9(毎日の収入)= 8480.26(休暇の補償)。

したがって、最終支払は従業員が必要とするすべての金額から行われます。 しかし、この場合、それは休暇のための給料と現金支払いにすぎません、なぜならイヴァノフは彼自身の主導権を去るからです。 彼が清算のために減額または解雇された場合、彼は退職金を受領したことになり、それもすべての金銭的資金で支払われます(LC RFの第140条に基づく)。

裁判所の実務

現在、元従業員の多くが自分の権利を保護するために裁判にかけられています。 特に質問が、適時に適切な金額ではなく、従業員に発行された現金支払いに関するものである場合。 実際には、雇用主が、彼らのスタッフを減らしながら市民と和解するときに、以前使われていた休暇から彼らの収入から差し引かれる場合さえあります。 そしてこれは結局訴訟や苦情につながった。

練習からカラフルな例をあげましょう。 従業員は人員配置組織から解雇されました。 首長は彼を完全に返済したが、彼は休暇のために控除をしたが、それは6月にすでに市民によって使用されていた。 さらに、削減の解雇手続は、雇用主が利用可能な欠員を従業員に提供しなかったという点で、雇用主によって違反されました。 しかし同時に、彼は他の人の自由な地位に就きました、そしてそれはそのような理由で解雇のための活動を実行するときにすることは禁じられています。 彼の稼いだお金と労働法の違反を見つけることを考慮して、元従業員は彼の上司によって引き起こされた復職と強制的な欠勤の支払いについての声明で司法当局に訴えました。

事件のすべての資料を検討した結果、裁判所は雇用主は労働法の規範に従わずに減額手続を行ったと結論した。 さらに、彼は労働者と全く間違った計算をした。 解雇の最終支払い(2016)彼は単に動作しませんでした。 彼は市民が自分の立場に復帰したことに関連して労働法の規範に大きく違反し、雇用主は彼に以前違法に留保していた道徳的損害と賠償を支払いました。 そのため、従業員の計算において管理者は、司法機関で自分の訴訟を立証しないように、特に慎重に行動し、違反を許さないようにする必要があります。

arrow