民事訴訟における裁判 不動産に関する住宅紛争

Anonim

民事問題での司法実務における住宅紛争が最初の場所を占めています。 他のすべての財産紛争および非財産紛争は2位以降に発生します。

問題の原因

民事問題における司法実務の住宅紛争が優先されるのはなぜですか? その理由は、住宅や不動産が市民の処分において最も価値のある資産の1つになったからです。 そして、私たちの時代に、それを失ったなら、あなたは壊滅的な状況に入ることができます。 それを単位で購入し、家賃は毎年より高価です。

基本的人権の1つが影響を受ける事件がどのように影響されるかがわかっているので、市民は彼が法廷で彼を待っているのを見るでしょう。

立法規制

民事紛争および住宅問題における司法実務のどの条項が信頼に値するのか、訴訟を起こし、それらを審査するのか。

それは多くのポイントであり、そしてそれらは多くの法定行為に点在しています:

  • LCD RF
  • ロシア連邦の民法。
  • 政府および中央当局によって発行された細則。

地方自治体も規制に貢献しています。 例えば、社会的雇用や民営化を終結させるための文書を受け取るための規則を採用しています。 部分的には、それらは既存の規範を組み合わせ、そして部分的に新しい規範を紹介します。

その特徴は、軍による住宅や補償金の支払いの受け取りです。

どのような論争が検討されていますか?

民事訴訟における司法実務の住宅紛争は、いくつかのカテゴリーに分類することができます。 体系化は訴訟に基づいており、訴訟は裁判所に提出されます。 ほとんどの場合、あなたは以下の論争を見つけることができます:

  • 財産権について。
  • 施設を使用する権利。
  • 民営化の衝突。
  • 自治体または州から住宅用スペースを受け取る権利。
  • 共有からの株式の割当
  • 軍の住宅の権利。

何故ですか?

特に法的現実に関しては、どの部門でも条件付きです。 規範の分割にもかかわらず、法の枝は重なります。 そして、同じ規則がそれらのいくつかに属します。 ここには純度はありません。 規制の詳細だけがあります。

この事実の証明は主張です。 請求者が参照するそれらの要件、基準は、時にはいくつかの法律分野に属します。 たとえば、財産権の認識の要求や居住用オブジェクトの使用方法の定義などです。

最初の要求は民法によって管理され、2番目の要求は民事と住宅の両方によって管理されます。 法的規範を混在させることは、民事問題における司法業務における住宅紛争の特徴の1つです。

所有権

一般的な問題は、そのような権利を持たない人による不動産の売却とそれに続く第三者への転売です。 結果として、誰かが避難所なしで、そしてお金なしで留まるでしょう、そしてそれが原因からそれらを取り戻すことが可能であることはありそうもないです。 多くの場合、そのような紛争は刑事捜査によって複雑になります。 アパートや家の詐欺は珍しくありません。

紛争の一部は、取引の下での権利の移転を登録することを第二者が拒否したことに基づいています。 例えば、相続の順に財産権の承認を申請するなど、法的訴訟が財産権を取得する唯一の方法である場合があります。

使用権

すべての紛争は慣習的に2つのタイプに分けられます、これは住宅地の使用です:

  • 州によって提供されます。
  • 個人が所有しています。

民法住宅紛争の多くは立ち退きに関するものです。

公営住宅の権利を否定されるのはいつですか?

  • 事務処理の過程で法律に違反した。
  • 隣接施設または同じ施設に住む市民の権利(家庭内暴力の発生、施設の使用に関する規則の違反)に違反します。

最初の訴訟には、法的権利を持たない人々による住宅の取得が含まれます。 他のテナントの権利の侵害は体系的であるべきです(原則として、1年以内にいくつかの行政上の決定で十分です)。

他の誰かの私有住宅の権利は失うのがより簡単です - ユーザーは所有者との家族関係を終了します。 例外があります:子供たちのおかげで、元妻たちはアパートや元配偶者の家に子供たちと一緒に残されました。

自分の居住地を自主的に変更した人は、前の住居に対するすべての権利を失います。

住宅の民営化に関する紛争

当局がプロセスに入ることはめったにありません。 市民への譲渡が重大な違反で行われた場合、州の所有権へのアパートの返還は裁判所を通して行われます。 そのような理由は、民営化権を持っていない人による不完全な文書一式の提供またはその譲渡である可能性があります。

それを拒否した人々の権利についてのより一般的な論争。 共通の所有権で株式を再分配することを求める請求を受けてさらなる請求が行われている。 子供の存在は、裁判所の判決において重要な役割を果たしています。

個人間で紛争がある場合、たとえそのような問題が最初に提起されていなくても、民営化の合法性は依然として検証されています。

ここでの民事紛争および住宅紛争の司法慣行はどのような規範に基づいていますか。 民法の246条と同様の規定LCDに関する。

州または部門の住宅

役人は、多くの基準(貧困層、大家族、障害のある子供を持つ家族)に該当する市民に住宅を提供する準備ができています。 そのような基準は、連邦および地域の法律に記載されています。 リストに従って一連の文書が送信され、市民がキューに登録されます。

紛争の対象は、登録の違法な拒否です。 それでも市民は裁判所に、地方行政または他の回答団体が住宅を提供する義務を負う期限を設定するよう求めます。 今日では、住宅を提供するのではなく購入のための資金を発行するという慣習。

組織での仕事の期間のための実践と住宅の発行。 サービスハウジングの特徴は、人が適切な地位を離れるか退去するとすぐにそれに対する権利が終了することです。 そしてオフィススペースは民営化することはできません。

共有不動産をめぐる論争

裁判所はどのような場合に直面します:

  • 株式を売却する権利の実現
  • 普通財産からの株式の分離

住宅紛争での民事訴訟における司法慣行はこれを中心に構築されています。 アート 246 CCは、請求者と回答者の両方が信頼しなければならない基本要素です。

共同所有者が取引について知らされていないと裁判所が証明した場合、買主の権利は原告に譲渡され、買主に補償金を支払います。 問題は、彼らが同意しない場合に、他の所有者に将来の取引についてどのように知らせるかということです。

家の分け前を割り当てるとき、2つの独立した所有権に分けられます。 各部屋には独自のバスルーム、キッチンがあるはずです。 それぞれの新しい家の最小面積は、建築上および衛生上の基準を満たす必要があります。 一般的な連邦規制と地域の規制の両方があります。

裁判所は、法廷での技術審査の選択肢に基づいて、このセクションに関する紛争を決定します。
住宅を分割できない場合は、使用順序が決定されます。 基本的に、このセクションは個々の家で、アパートで行われます - アパートの建物の技術的な特徴のためにはるかに少ないです。

軍隊を含む紛争

民事訴訟における司法の実務はどうですか? 軍人間の住宅紛争は多少異なります。

住宅を必要としている軍人と同等の人(消防士、警察官)を認めるための手順を規制する政府の命令があります。

最大年齢に達したために個人が各サービスのランクから解雇された場合、最低サービス期間は10年です。 他のすべての人は20年間奉仕する義務を負い、それから彼らは選択を与えられます - 財産で住宅を発行するか、資金の発行のための証明書を受け取るか。

耐用年数の会計処理、証明書の発行の理由、サービス住宅の取得に関しては論争が発生しています。 最近、住宅ローン助成プログラムの実施に関する事例が追加されました。 請求は軍事裁判所に提出されます。
当局がその義務を履行する意思がないため、申請の大部分が提出されています。

arrow