エディターズチョイス

執行中の警察官への侮辱刑法の記事

Anonim

秩序を維持し、一般市民の安全を確保するためには、どの国の法執行機関も必要です。 彼らの活動は立法レベルで規制され、保護されています。 警察の法律は、法執行機関の代表者の行動の規則と規範を詳しく述べています。 彼らはその指示に厳密に従わなければなりません、彼らの違反の場合には彼らは当局と法律からの責任の対象となるかもしれません。 しかし、順番に、市民は特定の規範と行動規範を遵守しなければなりません。

警官の名誉と尊厳を侮辱する

市民は、法執行システムの代表者を公にまたは個人的に侮辱する権利も、彼の名誉、尊厳を低下させ、それらに物理的損害を与えることもありません。 警察官が任務を遂行している場合、警察官や他の市民に害を及ぼす可能性のある行為を行わないでください(319条)。責任

命令違反の記事

ロシア連邦の刑法は、命令の防衛の代表者に対する不正行為に対する罰則を規定していますが、これは罰金または刑事責任のいずれかです。 さらに、2番目の選択肢は終身刑まで言い表すことができます。 それはすべて、法執行官に危害が加えられた程度によって異なります。 最初のオプションに関しては、罰金は2.5から1万ロシアルーブルまで支払わなければならないでしょう。 繰り返しますが、それはすべて状況と犯罪の厳しさによります。

ロシア連邦刑法に従って、第317条、第318条、または第319条の下で罰が科されます。これらは、命令に違反し、警察の代表者に対して違法な行動を起こすための主要な条項です。 条項は、警察官の健康や生命に危害を加えようとする行為、被害者に対する暴力の利用、執行中の警察官への侮辱行為についての罰則を規定している。 この訴訟は法廷で審理され、これは違法行為が行われたすべての状況を考慮に入れるでしょう。

警察官または他の人権システムが任務を遂行している場合は、最初は法的根拠に従って行動し、その行動に従うことをお勧めします。

ロシア連邦刑法第318条

執行中に警察官に侮辱がなされた場合、これに関する記事は刑法第318号に規定されているが、おそらく罰は罰金の形で表明されるであろう。 その最大サイズは20万ルーブルです。 これはかなりの金額ですが、違反者の給与のレベルによっては罰金も課される場合があります。 それは命令の違反者の12から18月額給与を支払う必要があるでしょう。 彼がこれをすることを拒む場合、裁判所は3〜6ヶ月の期間彼の自由を制限するかもしれません。

執行中に警察官への侮辱としての資格を有する市民の違法行為(ロシア連邦刑法第318条)が発生した場合、警察官の健康と生命は損なわれるべきではありません。 そのような条件下でのみ、あなたはただ罰金を科せます。 反対の場合には、違反者は裁判所によって定められる期間の間自由を奪われることになる。

状況を緩和できるのは何でしょうか。

警察官の侮辱について訴訟が裁判所で検討された場合、裁判所は事件が発生したすべての状況を考慮に入れます。 したがって、あなたが正しいことを確信しているならば、あなたは罰することができる行動に異議を唱えたり正当化することができるできるだけ多くの証言があることを確認する必要があります。

執行中に従業員に侮辱をした場合、ロシア連邦刑法第318条では、この罰金を罰金として規定しています。 裁判所によって緩和されると認められる状況を考慮して、処罰を回避またはある程度緩和することができる状況がいくつかあるということも言及する価値があります。

主な状況、罪悪感を軽減する

状況を緩和する:

  1. 犯罪者は初めて裁判にかけられます。
  2. 従業員の誤った行動に対応して彼の行動がコミットされた場合、彼は自己紹介をしませんでした。
  3. いくつかの行為は自己防衛を超えているとみなされるかもしれません。
  4. 責任を完全に回避するのに役立つ選択肢もあります - それは負傷者との和解です。 被害者と同意することが可能であるならば、刑事事件は当事者の合意によって閉じることができます。

警察は、市民が安全で、自分たちの生活や愛する人たちの生活を恐れないようにするために存在します。 しかし同時に、その職務を遂行するためには、通常の労働条件が与えられる必要があることを忘れてはなりません。

arrow