エディターズチョイス

国家と法の唯物論

Anonim

生命の起源についての唯物論は、文明を自然の力のかなり高いレベルの習熟として表しています。 それは技術的進歩の達成を証明し、天然物の獲得に貢献します。 発明の急増は公衆生活に明らかな有益な効果をもたらしました。 同時に、物質的な豊かさは霊的および文化的繁栄を意味するものではありません。 それは無条件に道徳的であると評価することも、明らかに不道徳であると評価することもできません。 技術の進歩は文化の世界に関連して中立的な現象と見なされます。

研究対象としての文明

文化の出現に関する唯物論は、さまざまな文脈での技術的進歩を考慮しています。 例えば、業績の重要性は、以前は荒れていた土地を灌漑するだけでなく、大量破壊兵器を生み出す可能性にもあります。 文明の概念は、原則として、その本質的な技術開発における文化的に中立と正確に関連付けられています。 その使用範囲は非常に広いです。 文化の概念は、順番に、精神的な進歩にできるだけ近づいています。 文明は人によって変容した物質的な物の世界です。 一方、文化は、個人の内的財産、霊的発達の評価、自由または憂鬱、彼を取り巻く社会への完全な依存、または彼の自主性および孤立と見なされています。

西洋哲学の態度

多くの思想家の作品では、文明のような現象の非常に否定的な評価が見つかりました。 「文化的苦悩」としての彼女に対する彼女の態度は、彼の作品スペングラーで表現されています。 それ以来、否定的な評価はさらに強化されました。 文明の否定的な性質の中には、一般に、思考を標準化する傾向があり、一般的に受け入れられている真実の絶対的な正しさに焦点を当てています。 彼女は独創性と認識の自立の低さが社会的な危険と見なされていると認められています。 この観点から、文化が完璧な個性の形成に貢献するのであれば、文明は法を遵守する理想的な社会の構成員を生み出します。 彼は自分に与えられた恩恵だけに満足しています。

文明はしばしば都市化、車の専制政治、混雑、世界の非人間化の源泉の同義語として見られています。 確かに、人間の心が自然の秘密にどれほど深く浸透していようとも、それ自身の精神世界は多くの点で不思議なままです。 科学と文明だけでは文化的進歩を遂げることはできません。 ここでは、すべての人類のさまざまな道徳的、知的、倫理的業績からなる、ある種の精神的な教育が必要です。 それらは物質的な存在の受動的な構成要素としてではなく、客観的に発展する歴史的過程の中の独立した能動的な層として働くべきです。

社会経済的形成

社会の哲学的論拠とは対照的に、国家の起源に関する唯物論の最も代表的な代表 - マルクス - は、新しいカテゴリーを提案した。 彼は社会経済的構造の存在を指摘した。 それは特有の独特の特徴を持っている歴史的発展のあるレベルにある社会です。 原始的な共同体システム、奴隷制、封建主義、資本主義、社会主義は、人間の進化の古典的な形成の梯子を形成する要素です。 構成要素 - 生産方法、最先端の科学と科学、全体の多様性と精神的世界の豊かさ、家族と日常の交流、人々のライフスタイル - の統一性から見た、定性的に定義された具体的な歴史的タイプの社会構造。

システム構成

唯物論を代表するすべての人々 - レーニン、エンゲルス、マルクス、そして彼らの信者 - は、社会経済的形成は主に「基本」と「超構造」のようなカテゴリーによって特徴付けられる構造を持つことを示している。 これらの構成要素は、生産関係が人間の活動の他の側面(法的、政治的など)に影響を与える方法を明確にするように設計されています。 言い換えれば、文明の起源の唯物論は、根拠と超構造は、因果関係の相互作用を決定するために、社会構造の理解を具体化するためだけに割り当てられることを示唆している。 レーニンは、これらのカテゴリーの意味を明確にしながら、歴史の唯物論的認識の重要な考えは、社会的関係がイデオロギーと物質に分けられるということであると述べた。 この場合、最初のものが2番目のものの上にある上部構造として機能します。

カテゴリー機能

唯物論は、その根拠を社会の経済システムを構成する生産関係の全体として捉えています。 それは社会的相互作用のイデオロギー形式の定義モデルです。 上部構造は、順番に、それらに関連付けられている一連のアイデアや関係として表されます。 それはまた概念を補強する組織そして制度の複合体を指す。 これらの機関は、特に、政治団体、州、労働組合、およびその他の公的機関です。

ニュアンス

基礎と上部構造は、社会生活で発生するさまざまな現象を使い果たすわけではないことに注意してください。 例えば、科学、その他の霊的カテゴリーのような現象は、社会のいかなる経済モデルの産物とも見なすことはできません。 これらの現象は塩基の性質に依存することはできません。 かなり粗雑な単純化は、何らかの社会経済的形成におけるイデオロギー的超構造の構造への科学の包含であろう。 しかしながら、同時に、間違いなく、経済的およびイデオロギー的相互作用の両方が、その世界の展望、これの発展の方向、またはその知識の範囲に影響を与えます。

国家の唯物論、法

その概念は非常に具体的なアイデアを提示しました。 特に、それは国家の出現が主に経済的理由によるものであるという事実から始まります。 前提条件は、社会的分業、余剰生産物の創出、私有財産の開発、そして反対の経済的利益を持つクラスへの社会の分割です。 そのような開発における国家の出現は客観的な結果です。 それは、特別な統制と抑制の手段を用いて、形成された階級の反対を抑圧し、主に経済的に支配的な地層の利益を提供する機関として機能する。 国家の唯物論は、新しい教育が部族組織に取って代わったという考えを提唱します。 同時に、規範の関税システムが習慣を置き換えました。

コンセプトコンテンツ

国家の唯物論は、外部から新しい制度を押し付けることはありません。 それらはすべて自然な社会開発に基づいて現れます。 それは、今度は、原始的なシステムの分解、私有財産の広がり、彼らの財産に従った人口の社会的層別化(貧困層と富裕層の出現)に関連しています。 開発の結果として、さまざまなクラスの利益が対立し始めます。

そのような状況では、部族組織は統制を行使することができなくなりました。 強力な機関を創設する必要がありました。 他の人々の必要性とは対照的に、彼は社会の何人かのメンバーの利益の利点を確保することができるはずです。 この点で、経済的に不平等な階層からなる社会は特別な組織を生み出します。 社会の扶養家族の対立を抑えながら、それは持ち物の利益を支持します。 州はこの特定の組織として機能します。 概念の信奉者によると、それは一時的で歴史的に一時的な現象です。 権威の存在における階級の違いを排除すれば、必要ないでしょう。

フォームの分類

唯物論は権力組織の出現の3つのモデルを特定する:

  1. アテネ(古典的) このモデルによれば、国家の出現は社会の中で形成される階級矛盾によって直接そして主に決定される。
  2. ローマ人 国家の出現のこの形は部族の組織が閉じた貴族に変身しているという事実によって特徴付けられます。 それは無数の無数の大量のプレベ人から隔離されています。 後者の勝利は部族体制を破壊し、その遺跡で国家が出現する。
  3. ゲルマン。 このモデルの状態は広大な地域の征服の結果として現れます。

法制度の概念

法的モデルの経済的条件と階級的性質は、マルクス主義論の最も重要な基本的立場として役立つ。 この概念の主な内容は、法律は社会の産物であるという考えです。 それは経済分野を支配する階級の意志の表現と統合として機能する。 唯物論は、関係を発展させる上で、裕福な個人は権威の形成に彼らの力を投資し、法律の形で彼らの意志の普遍的な表現を与えるべきであることを示しています。 言い換えれば、法制度の創設と存在は、支配層の利益のために社会的相互作用の規範的規制を統合する必要性によって条件づけられる。

時間が経つにつれて、唯物論の原則は国内法で修正されました。 階級に基づいて、拮抗的な層がない社会では、法制度は労働者階級によって導かれたすべての友好的な協会の意志を表明したと結論付けられました。

インストール

唯物論はその原則を宣言しています:それぞれの個人から - 彼の能力に従って、それぞれの主題まで - 彼の必要性に従って。 人々はホステルの要件を満たすために慣れる必要があります。 これが起こるとき、彼ら自身は彼らの能力に従って自発的に働くでしょう。 唯物論は法制度に一定の制限を課します。 それらは階級社会の歴史的枠組みに適合しています。 この概念は、法は過渡現象であると述べています。 それはその発展の特定の段階でのみ社会に必要です。 階級が消滅した場合、それは社会的価値を失います。

前向きなコンセプト

唯物論の理論の長所の1つとして、法は主題の経済的自由を確保するために必要な道具であるという仮説の発展に注意すべきである。 それは消費と生産の関係のための公平な規制メカニズムです。 文明社会における規範的システムの道徳的基盤は、すべての相互作用する参加者の許可された禁止された行動の範囲内で社会開発の客観的なニーズを考慮に入れて表現する。 唯物論の次の利点にも注目することができます。

  1. 許容および禁止されている特定の基準の選択。 これは、概念の支持者が法制度を法律 - 正式に定義された規制行為の複合体 - と見なしていたために可能になりました。
  2. 彼に最も重大な影響を与える社会経済的要因への法の依存が表現されています。
  3. 法制度とコンプライアンスを確立し保証する権限の間の密接な関係が示されています。

マイナス点

唯物論には短所があります。 まず第一に、概念の枠組みの中で、法制度における階級の役割は、普遍的な人間規範の害に誇張されています。 権利の存在は歴史的枠組みに限られています。 これ以外の法制度は、重要な要素と過度に厳密に関連しています。 これは、その形成に対する他の状況の影響の程度を過小評価しています。

arrow