賄賂の原因

Anonim

贈収賄は以前からあり、今後もそうなるでしょう。 賄賂は何ですか? 刑法はそれを犯罪として分類しています。 それは犯罪であり、軽蔑ではありません。 大変ですか? はい、真剣に。 多くの人にとって、賄賂を与えることは無害に見えます。 実際には、すべてがそうではありません。 この行為によって社会にもたらされた害は大きい。 それは人口の多くの部分に影響を与えます。

賄賂を贈る

刑法は彼女の厳しい処罰を規定している。 賄賂とは何ですか? 本質的に、これは何らかの行動を実行するために役人に提供されるある種の非公式の支払いです。 このようにするために何が求められていますか? 要求は完全に無害であるかもしれません(たとえば、そもそもの立場で誰かの立候補を検討することなど)が、それは公的権限の侵害と関連することさえあります。

公務員に賄賂を贈ることは汚職の現れです。 商業従業員への賄賂は商業賄賂です。

今日、そのような犯罪はますます解決が困難です。 困難は、常にお金を振り込むためのいくつかの新しい方法があるという事実に関連しています。 パーソナルミーティングは任意です。

多くの場合、資金は電子財布または銀行口座に送金され、ダミー会社の口座に振り込まれたり、賄賂の受取人の親戚の口座に振り込まれたりすることができます。

2011年まで、この行為は罰金で処罰されていましたが、その額は賄賂自体の額と同額でした。 今日、このペナルティはさらに大きくなっています。 汚職は社会の大きな問題であるため、これは驚くことではありません。 刑事責任は刑法に規定されています。 具体的には、第291条に記載されています。賄賂を贈ったと認められるのは、16歳以上の有能な人だけです。 職員は国内だけでなく外国人でもよい。

小さな賄賂を与えることは罰せられます。

- 罰金、その額が賄賂の額を30回超えることがあります。

- 投獄。 期間 - 最長2年間 この種の罰はしばしば10倍の罰金と一緒に割り当てられます。

大規模に賄賂を贈ることは処罰されます。

- 最高40回までの罰金。

- 投獄。 最長期間は3年です。 この場合、原則として、その人は15倍の額で罰金を科されます。

役人が違法な怠慢や行動を起こすために行われた賄賂を贈ることは、以下によって罰せられます。

- 賄賂の最大60倍の額の罰金。

- 投獄。 最長期間は8年です。 この場合、罰金は30倍の賄賂に達することができます。

上記のことは、実際に起こっていることの結果を計算することができた役人にのみ当てはまります。

結託による賄賂は罰せられます。

- 罰金、その額は賄賂の大きさの最大90倍です。

- 最大12年間の投獄。 同時に、七十倍の量の賄賂の罰金が科せられることがあります。

賄賂の受取人はいつ逮捕されることができますか? 少なくとも一部の価値観の当局による承認は、犯罪が終わった瞬間です。 たとえ彼の親戚や親戚の一人がその値を受け入れても、その行為は完了したと見なされます。

25000ルーブル - 賄賂のかなりの量、15万ルーブル - 大きいサイズ。

場合によっては、賄賂の提供者が犯罪の解決や捜査を手助けすることもあります。 同時に、彼を刑事責任から解放することは可能です。 職員がこれらまたは他の脅威を使用して報酬を要求した場合も可能です(ただし、賄賂の提供者が自発的に犯罪を認めた場合)。

賄賂を贈っても、誤って厳しく処罰されることはありません。 そのような対策が必要です。 官僚的な装置は完璧には程遠いです。 その作業を調整することはほとんど不可能ですが、厳しい対策は良い結果を与えることができます。

arrow