民法と他の法分野との相関関係:記述、例および機能

Anonim

人々の間の相互作用は、絶え間ない規制を必要とする複雑なプロセスです。 この論文は、国家がちょうど一体構造として形成され始めた昔の時代に導き出されました。 肝心なのは、どの国の仕事も将来のある目標を達成するために社会を統一し調整することであるということです。 この活動は、社会的関係の効果的な調整者がいる場合にのみ実行することができます。 今日のそれらは正しいです。

法制度全体はさまざまな分野に分かれており、各分野は特定の科目間で発生する同種の法的関係に影響を与えます。 特にロシア連邦を考慮に入れると、わが国には多くの産業があります。 最も広範囲で効果的なものの1つは市民です。 この規制の範囲は、形成と特定の機能的な仕事の長い歴史を持っています。 さらに、民法は他の産業とも密接に連携しています。 民法と他の広報の規制範囲との相関関係は、科学界にとって非常に興味深いものです。 したがって、この点については後で詳しく説明します。

文明圏の概念

民法と他の法分野との関係を検討する前に、言及したカテゴリーの特徴を明確にする必要があります。 多くの法規制範囲の中で、民法はロシアのすべての市民の日常生活と密接に関係しているため、最も際立っています。 教義の概念は、民法を非財産関係およびそれに関連するすべての財産関係を統制する一連の特定の法的規範として特徴付けるものです。 業界は法制度の私的領域に属します。

業界の歴史

民法が古代ローマの弁護士によって作成されたことは注目に値します。 長い間、業界はあらゆる点で近代化され、それに関連する規範が体系化されてきました。 野蛮人によるローマ帝国の征服と国家の2つの部分への分割は、民法が世界中に広まったという事実につながった。 他の法制度の一部として、民法が変わった。 そしてロシアでは、民法がその適用を見出した。 ロシア帝国の形成の時代には、国家は関係の義務を調整するための効果的なメカニズムを必要としていました。 私たちが理解しているように、それは民法でした。 その瞬間から業界の急速な発展が始まります。

民法のオブジェクト構成

社会的関係の規制のあらゆる法的部門はそれ自身のオブジェクト構造を持っています。 この要因に基づいて、民法と他の法分野との関係を識別することが可能です。 この場合、目的は業界固有の法的関係が生じる理由であるということに注意する必要があります。 民法の目的構造は現在の法律、すなわちロシア連邦民法第128条に規定されています。 この規定によると、提示された規制範囲内で以下の関係が生じる可能性があります。

  • 物(動産、動産、土地、水のオブジェクト、消耗品など)
  • 財産権
  • 様々な作品やサービス。

今日最も具体的な目的の1つは人間の知的活動の結果です。 理論上、カテゴリは知的財産と呼ばれます。 目的は創造的、作家的、科学的および他の人間の仕事の特定の結果です。

法の支配の法的関係に関しては、例外なく平等、意志の自主性およびすべての主体の独立性に基づいています。 言い換えれば、提示された規制範囲の枠組み内での当事者間の相互作用のプロセスは、処分の原則に基づいています。

法制度における産業の役割

民法は、特定の関係を規制するという意味においてだけでなく、ロシア連邦の全体的な法的構造の枠組みの中でも非常に重要です。 この場合、私たちは民法と他の分野の間の独特な関係について話しています。 民法と他の法分野との相関関係は学者によって長い間論争されてきました。 システムの私的要素に属する業界間の相互作用の可能性は否定されました。 しかし、あらゆる種類の法的関係の発展が急速に進んでいるため、民法と他の法分野の比は否定する意味がありません。 この場合、「現代文明はどのような特定の分野と相互作用しますか」という論理的な疑問が生じます。 この問題については多くの見解がありますが、数え切れないほどの理論でさえ、最も古典的な言明を識別することができます。 それによれば、民法は以下の分野に関係している。

  • 家族と仕事
  • 経済的
  • 行政
  • 経済的です。

相互作用の原則と本質を理解するためには、別々に提示された各ブロックを検討する必要があります。

労働対家族法に対する市民の比率

科学者たちは長年にわたり、規制の家業の独立性について論じてきました。 それは独自の立法基盤を持っていますが、多くの進歩的な見解に反して、それは民法の一部です。 この傾向は古代ローマの時代に由来します。 当時の民法では、家族と市民の支部は不可分でした。 重要なのは、市民圏が各主体の自律性、彼の名誉、尊厳、評判などの大きな役割に関する規定を定めているということです。 さらに、この業界は、民法からも生まれた、関係を規制する過程における国家による最小限の介入の原則に基づいています。

労働産業はある意味で文明に似ています。 しかし、当事者の自治と平等の原則は、現在労働法では違反されています。 現在の法律では、雇用主に直接多数の優先規定が定められています。 しかし、民法は多くの人々が特定の性質の関係において彼らの独立を守るのを助けています。

行政法および金融法に対する民法の比率

ロシアの法制度は、公共と民間の2つの部分に分けられます。 行政法と金融法は最初の要素に属し、民法は2番目の要素に属します。 表示されている産業の比率は、実際には不可能であるように思われます。 しかし、行政法は民間の主題に関連しています。 結局のところ、最初の業界は拘束力のある規制を通じて様々な主題間の関係を調整します。

この種の命令は、民法で見いだすことができます。 金融業界との関係については、民法の2条に限定されており、それによれば、州の資金の分配に基づいて生じる関係には民法が適用されません。 しかし、公的資金が例えばある種のコミットメントなどの一部となっているような場合には、法制度の私的要素が存在する可能性があります。

商法および民法

もう一つの物議を醸している点は、ビジネス部門と民法の比率です。 どちらの規制分野も、法制度の私的要素に関連しています。 さらに、起業家精神の基盤が独立した具体的な活動として浮上したのは民法です。 その後、経済部門はそれ自身の主題、方法および原則の出現により民法から分離された。 もちろん、このセクションは、起業家精神の分野における関係の著しい発展によっても影響を受けました。

民事訴訟法の概念 機能

民法の詳細は、提示された分野の枠組みの中で生じた特定の紛争の解決における裁判所の大きな役割を暗示していることに注意すべきです。 この事実は民事訴訟法の出現につながった。 この業界は、裁判所と訴訟の他の当事者との間に生じる関係を規制する一連の法的規範です。 民事プロセスの主な機能は、次のとおりです。

  • 司法プロセスの合理化
  • 民事問題における武器の平等性の確保
  • 当事者および裁判所の基本的権利の規制レベルでの統合。

民事訴訟法と他の部門との相関

既存の法規制分野はすべて相互作用します。 ここから、民事訴訟の割合と他の法分野とを区別することができます。 このプロセスは、以下の業界と最も密接に関係しています。

  • 民法
  • 経済手続法
  • 家族の球

GPPと他の法律部門との比率は、民事訴訟の順序で特定の紛争を検討する可能性に基づいて行われます。

結論

そのため、私たちは民法の概念、規制範囲の他の部門との相互作用、およびその他の機能について検討しました。 民法が今日新しい改革の段階にあることは注目に値します。 したがって、私たちに知られている民法制度の完全な変革は間もなく可能です。

arrow