どちらがより重要です:サインまたはマークアップ? 一時的な兆候

Anonim

私たちの道では、めったにありませんが、SDAで指定された指定の1つが他の指定と矛盾する場合があります。 この場合、「より重要なのは何か:サインかマーキングか」という自然な性質を持つ質問が出ます。

文字の分類

何がより重要であるかを見いだすために - サインまたはマーキング、問題のそれぞれの記法の特徴を見いだすことは必要である。 最初は恒久的と一時的に分かれています。

恒久的な標識は必要な深さで地面に補強材で設置されています。 彼がしっかりと立っているために、コンクリート混合物はピットに注がれ、地面は後者が設定された後、上から注がれます。

一時的な標識は携帯用ラックに取り付けられています。 原則として、道路工事や事故発生時に使用されます。 マークの基部は、直角に交差した鉄筋です。 信頼性を高めるために、コンクリート製の石または金属製のおもりの形で荷重がかかることがあります。

マークをベースまたは木に接着テープで合わせる場合、それは現在の国家規格に従って一時的なものとして認識されていません。

マークアップ分類

それは、標識なしで交通規則の規制を助けるためにペンキで舗装に適用される指定です。 同様に、最新のマークアップは永続的なものと一時的なものに分類されます。

後者は短い時間間隔で適用されます。 彼女は私たちの国では広く使われていませんでした。 より耐久性のある塗料を使用しているため、パーマネントはより長時間使用されます。 恒久的マークアップと一時的マークアップは色が異なります。 最初のものは白、2番目のものはオレンジ色で塗られます。

これは一般に記号に対応します。 恒久的なものの背景は白ですが、一時的な交通標識は黄色です。

優先度

どちらがより重要です:サインまたはマークアップ? 交通規則の最新版に従って - サイン。

その中で、ランキングリストの最初のものは一時的な兆候です。 これは道路工事や緊急事態の場合には組み立てや解体が非常に簡単であるという事実によるものです。

それがなければ、次のサインは道路の規則に基づいた恒久的なサインです。 車のタイヤの影響を受けない、より安定した塗料を使用しながら、道路上で自分自身を調整するのに役立ちます。

次に優先されるのはタイムマークです。 それはそれ自体が事故を引き起こす可能性があることに関連してまれにしか適用されないが、それにもかかわらず、タイムマーキングの3番目のランク付けは事故データを防ぐように設計されているという事実によるものである。頻繁に使用するので、リストは記号の後にあります。

最後の場所は恒久的なレイアウトです。 それはより厚い層で適用されます、従ってそれは一時的なものと比較してより長い期間役立ちます。

そのため、道路上に同時に複数のシンボルが存在する場合は、どのマーキングよりも重要な一時的な、次に恒久的なサインの要件が最初に実行されることを覚えておく必要があります。

この分類は、グローバルインターネット上に掲載されているほとんどの記事にあります。

すべてがとても明確ですか?

SDAでは、一時的な標識を設置する場合にのみ優先権が存在することが示されています。 そうでなければ、矛盾はないはずです。 質問を明確にするとき:「何が優先されるか:標識またはマーキング?」質問に示されている指定の部分に反対の要件がある場合、国家規格の規制要件に違反しているという事実から始めなければなりません。

GOSTに従って設置されていないマークは、行政犯罪の客観的な側面がないことを示します。

ドライバーに何が帰因するのですか?

基本的には、セクション1.3の違反です。 しかし、対応する国内規格への言及はなく、説明付きの交通標識の長さは特定されていない。 対向車の視界が確保されていない道路の区間には、標識番号3.20だけが設置されており、その行動は危険な区間の全長に及んでいます。

したがって、「有効期限」の標識がない場合、デフォルトでは、可視性の制限のために標識がこの区域に取り付けられていると見なされます。 この場合は、「標識の区域」と説明のある道路標識を取り付けるか、「追い越し禁止区域の端」などのように取り付けることができます。 このような台紙がなければ、最初の交差点または交差点がない場合の集落の終わりまで標識は有効です。

マークとマークアップの矛盾を検出したときのアクションインスペクタDPS

マーキング要件と標識との間に矛盾がある場合、検査官はこの事実を適切な当局に報告しなければならない一方で、彼自身が交通渋滞や緊急事態を防止するために道路のこの区間で交通管制を提供しなければならない。

実践事例

2008年半ば、交通警察はマーキング要件がそのような兆候と矛盾する場合の解釈を明確にしました。 この説明では、異なる交通規制の要件に準拠していない場合、マークアップの優先順位がある可能性があることがわかりました。

これは、道路利用者が標識と標識に関する矛盾する規則のために物議をかもしている状況にある場合に適用することができる。 このケースでは、状況の解決は、これらの参加者のために綴られていました。

誤った文字の取り付け

高速道路に沿って「追い越し禁止区域の終わり」という標識があり、10〜20メートル後に「追い越しが禁止されています」と表示されている場合、現在のGOSTでは次のように規定されています。集落内のそれらの間の最小距離は、お互いから少なくとも25メートル、そしてそれらの外側 - 50メートルです。

「左に曲がる」というタイムサインとマークアップの二重実線の組み合わせの場合、最初のものが優先されます。 それに従って、緊急事態の発生を防ぐために行動することが必要である。

「追い越し禁止区域の終わり」という恒久的な標識が設置されていても、連続した水平方向の帯が続いている場合、この状況では優先順位はマーキングを超えています。 標識は追い越しが禁止されている地域を示しており、破線の始点の前にこの線分に沿って移動する必要があります。

いくつかの高速道路では、印は消えています、あるいは冬の間は雪で覆われているかもしれません。 悪意のあるDPS検査官は、特定の場所で利用可能な二重線を横切ることに対してペナルティを課すために状況を利用することができます。 そのような状況では、道路標識を設置する必要があります。

彼らが欠席していて違反のプロトコルを書いている場合は、運転手は彼らの権利を守る用意ができているべきです。 写真やビデオを撮影して地形を修正する必要があります。これにより、街路名、住居番号、目に見えるマーキングが記録されます。 同時に、議定書は署名される必要があるでしょう、しかし、それが発行された人が罰に同意しないということがそれの中でなされます。

その後、あなたは法廷に行き、審査を申請しなければなりません。 道路標識を設置するときにエラーを生じさせ、関連する国内規格の要件との互換性がないことを証明する必要があります。

結論として

「もっと重要なのは:サインかマークアップ?」という質問が出たときに、グローバルインターネット上で多くの簡単な勧告が見つかるかもしれません。優先順位が一時的なステータスを持つサインから永久的なマークアップに減るという事実に帰着します。 ただし、考慮しなければならない微妙な違いがいくつかあります。 彼らはこの記事に自分の考えを見出しました。

arrow