技術的規制とその目的 技術規制法

Anonim

2003年7月1日、「技術規制に関する法律」が施行されました。 規制法は、サービス、作業、生産工程および製品の要件を定義し適用するための新しいシステムを確立しました。

主要分野

184-Ф「技術規制について」は、現代の国際規格を満たす標準化と認証の統一された方針の基礎の形成に焦点を当てています。 文書の採択は他の規制の発行につながった。 それらは主に規制です。 彼らは技術的規制の領域と、この作業が行われる順番を定義しています。 これらすべての規制はロシアの経済生活を大きく変えるでしょう。 「技術規制に関する」連邦法は、国民の健康と生活、環境、そして国の安全保障の保護を確保するためのメカニズムの形成に焦点を当てています。 公益のための科学的および技術的活動の成果物の使用および国内開発の保護を目的とした一連の規制の作成。

国際規格

「技術規制に関する」連邦法は、特に貿易障壁の形成に関するWTOの要求事項に適合させるための認証および標準化の手続きを可能にします。 規範的行為は、生産者のいかなるグループに関しても、国家規格の保護主義の道具への変換を妨げる。 国内システムと国際システムとの調和は、ロシアのハイテク製品の世界市場への参入を大いに促進する。 先進国の下請業者による生産過程における協力を組織する機会があることもまた重要である。 一例として、国際民間航空機関による決定。 それに応じて、2001年4月1日に、欧州連合の国際線で輸送に従事する航空機エンジンの騒音レベルの要件を厳しくする条約が発効しました。 この場合、そのような地域で規格外の航空機を使用する国内企業にとっての経済的影響は明らかになります。

規制

「技術規制に関する」連邦法は、商品/作品/サービスの要件を確立するための唯一の方法を定義しています。 それは特別な規制の承認を表していますように。 それらは最低限の安全要求とその範囲を含むべきです。 この場合、規則の施行後、技術的な規則はそれらによってのみ実行されます。 これは必須の一般要件がそうでなくなることを意味します。 この時点から、州の規制は規則を守るために実行され始めます。

規範的行為の特異性

「技術規制に関する」法律は、専門家によって枠組みおよびイデオロギーとして認識されています。 それはいくつかのあいまいな規定を含んでいます。 特定の条件下では、標準化および認証の範囲内で現在の状況に悪影響を及ぼす可能性があります。 例えば、国家規格のいくつかのセクションは規制法の規定と矛盾しています。 さらに、連邦技術庁による技術規制の役割は明確にされていません。 これに伴い、この文書は7年間の移行期間を定めています。 この間、新旧の規制や基準は有効です。

技術的規制とは何ですか?

それは国家統制の一形態として機能し、国の社会的および経済的政策目標の実施における法的手段の使用を含む。 この活動の一環として、被験者は確立された必須要件に従うことを余儀なくされています。 失敗した場合、専門の政府機関は適切な制裁を適用することができます。 「技術規制に関する法律」には、この用語の正式な定義が含まれています。 その下では、生産工程、サービス、作品、商品、およびプロセスに関する必須要件の形成、適用および履行の分野における法的規制を理解する必要があります。

  • ストレージ
  • 交通機関;
  • 搾取
  • リサイクル
  • 実装

技術的規制はまた、自主的にこれらの要件を設定し適用する範囲にも関係します。 適合性評価の過程で法的規制が実施されます。 この定義から、技術的規制の目的は一般的要求事項に適合しなければならないことになる。

原則

採択された規範的行為の枠組みの中では、技術的規制と計量法だけでなく、国家統制の形態全体が獲得される。 活動の実施における重要な原則は、起業家精神に課される法的レベルの制限です。 この点に関して、主要条項の規制行為における宣言は、規制の策定におけるその実施およびそれらの実際的な実施の必要性を必然的に伴う。

ルールの統一

技術的規制のシステムは、一様に定式化された要件に基づいています。 製品やプロセスの種類は関係ありません。 要件の定式化は、所有形態、標準または規制の開発者の法的地位、あるいは商品の生産またはサービスの提供に携わる起業家には依存しません。 技術的規制は、監視されているパラメータの化学的または物理的性質およびコンプライアンスの基準とは無関係に、測定および試験の構成、使用される文書に関する統一された規則に従って実行されます。 同じことが、製品の納入またはサービスの提供に応じた契約上の義務の形式にも当てはまります。

コンプライアンス原則

技術的規制は、国の経済発展のレベル、NTRおよびMTBと一致しているべきです。 この原則は、国家規格や規制で定められている要件を実際に満たすことができることを示しています。 これには、ロシアの産業の達成レベル、適切な特性を備えた必要な機器および材料の提供、情報を考慮に入れる必要があります。

認定機関の独立

この原則に従って、認定および認証のためのサービスは、現行の規則で規定されているものを除き、販売者、製造者、消費者との契約関係を持つべきではありません。 これらの機関の従業員は、違法な圧力やその他の影響により、意思決定に影響が及ぶ可能性のあるあらゆる試みから保護されるべきです。 次に、これらのサービスの管理は、認証および認定の財務結果に関心を持つ事業体との取引に従業員が入るのを防ぐことを目的とした必要な措置を開発する必要があります。

不容認の原則

彼らは、個々の志願者に利益をもたらす可能性、決定を下す際の人為的な遅れ、または不当な加速を禁じる。 法律は、認証機関および監督機関の活動分野の明確な描写を規定しています。 これらのサービスの力を組み合わせることは許可されていません。 同じインスタンスが自分の活動の実行者と管理者になることはできません。 この法律では、予算外の資金から認定サービスの仕事に資金を供給することも許可されていません。 これは、政府機関の活動に対する民間投資の影響の可能性を防ぎます。

規制の特異性

これらの文書に記載されている要件は、人口と動物の健康と生命、環境と植物、財産を適切に保護している実体に関して誇張されるべきではありません。 さもなければ、これはサービスと商品のコストの上昇を引き起こし、生産作業を複雑にするかもしれません。 結果として、これにはビジネスを行う上での障壁の形成が伴います。 例えば、規制草案の策定と承認の段階では、ロシアの生産者を外国の生産者よりも有利な立場に置かないという決定が現れるかもしれません。 この点で、この段階では競争法の原則を厳守することが極めて重要です。 国内規制は、国の起業家を滅ぼすのではなく、保護するように設計されています。

文書構造

技術規制は、規制対象に関する情報を提供します。 さらに、文書が存在する可能性があります。

  1. コンプライアンスを確認するためのスキーム。
  2. 査読のための形式と規則。
  3. 指定された各オブジェクトに関するコンプライアンスの検証期限。
  4. 特定の規制に固有の定義を説明する用語。
  5. 包装デザイン、実行方法、ラベルまたはラベリングの要件、およびそれらの適用規則。

重点

規制は、規制対象の特性についての要件のみを含み、それらの設計、開発方法、およびこれらの特性が提供される技術についての要件を含むべきではありません。 この仕事は開発者、デザイナーそして他の専門家の力量にあります。 例外として、設計プロセスを標準化しないと、人々の健康と生活、環境、財産、動植物に対する適切な保護を提供することが不可能な場合があります。

タイミング

法律は公表された規則の施行に向けて6ヶ月の期間を設けています。 そのような期間は、規制当局および製造業者が容認された要件の実行に備えることを可能にする。 この期間は不十分(短すぎる)かもしれないという事実のために、規制の発効時のための準備はその開発中に開始されるべきである。

分類

法律では、特別と一般の2種類の規制を定めています。 後者の要求事項は、いかなる製造工程、製品の種類、輸送、保管、販売、操作、廃棄に関する遵守にも必須です。 共通の文書で扱われていない個々のオブジェクトは特別な規制によって管理されています。 後者は広い範囲を持つ基本的な規則を含んでいます。 特別な規制はそれらと矛盾してはいけません。 米国技術調整局が指摘したように、2005年には約100の文書が議論されていました。 それは約15万特別と10以下の一般規則を発行することになっていました。

設計および承認手順

ロシア連邦の国際協定、大統領の令、政府の命令によって批准され、連邦法によって規則が採択されることがあります。 ドラフト文書は、所有形態、製品の種類、企業の法的地位、製造プロセスの種類にかかわらず、主題を開発する権利を持ちます。 この規定は確かに民主的です。 これにより、知的な可能性を最大限に活用することができます。

お知らせ

宣伝は、規制の策定と採用のための重要な原則の1つです。 各段階で、社会と州の構造がその過程、矛盾、提案の作者について知らされることが必要です。 まず第一に、開発開始についての通知は印刷物の出版物に掲載されています。印刷物は技術規制庁に責任があり、また電子形式の公的に入手可能な情報源にあります。 通知には、規制が作成されている製品に関する情報が含まれている必要があります。 それはまたこの開発の必要性の理論的根拠を提示し、提案された要求事項とロシア連邦で効力のある国際基準との間の違いを明記する。 さらに、プロジェクトの詳細、開発者の詳細についても説明しています。

早期開発のお知らせ

最初の段階は通知の公表から始まります。 採択された法律によれば、プロジェクトの作者は、興味を持ったユーザーが慣れるためにそれを提供することを義務付けられています。 後者は順番に、開発者に彼らの提案やコメントを送ることができます。 プロジェクトの作者はそれらを考慮して、全部または一部を拒否/承認することを決定します。 開発の終わりに、受け取ったすべての提案とコメントを考慮に入れた規制の改訂についての議論が行われます。 全体としてこの段階の期間は2ヶ月までです。

州議会での議論への提出

開発開始の通知の発表の瞬間から完了の通知の発表の日付までに、少なくとも2ヶ月が経過しなければなりません。 立法イニシアチブの権利を有する主体による規制案の導入により、その採用の段階が始まる。 書類の登録は以下の条件で行われます。

  • 承認の必要性の正当化
  • その実現可能性の経済的および経済的証拠
  • 公開討論終了の通知の公表を証明する書類。
  • 利害関係者から寄せられたコメントの一覧。

登録されたプロジェクトは州政府によって政府に送付されます。 1か月以内に最後にフィードバックを送ってください。 技術的規制に関する専門家委員会によって出された意見を考慮に入れて編集されています。 規制の取り消し、調整、追加は、新しい文書の作成と見なされます。

結論

このように、考慮された法律は、国際的な要求を満たす技術的規制の分野における統一された政策の形成に焦点を当てています。 この点で、認証、標準化、およびライセンスに関連するさまざまな問題を解決するための基礎は、規制です。 これらの文書を国家の規制法のランクに導入することで、ロシアの規制システムの状態と国際的な規制システムの状態とのバランスをとることができます。 これは、個々の規定および規範が存在する可能性がある規制を使用する際に、任意の規格を適用することが推奨されるという性質のために達成されます。 これは、規格が引き続き規制の枠組みであり続けることを意味しますが、生産者と消費者間の相互作用の主要な規制機関として使用することはできません。

arrow