屋外消火水:要件、設置規則、装置および動作原理

Anonim

外部の消火用水供給は、消火中に所望の圧力の水の供給を確実にする。 同時に、給水施設自体も信頼できなければならず、重大な瞬間に失敗してはなりません。

一般的な情報

屋外の消火水の供給は通常給水塔によって表されます。

他の圧力調整構造と同様に、集落が毎日数時間にわたって水を不均等に消費して汲み上げる場合、給水塔が必要です。 そのような建物は、消火の可能性がある場合に水の「倉庫」として使用されます。

工業用企業の給水システムは、経済的なものから火災の消火に至るまでの範囲のあらゆるニーズに水を供給します。

油圧

泡とウォータージェットを使って火を消す。 消費量が多いにもかかわらず、彼らはある程度のプレッシャーをかけなければなりません。 外部の消火水供給はそのようなジェット機の必要な圧力を提供するだけです。 これには何が必要ですか?

所望の圧力および応力の噴流はホースにノズルを提供する。 彼女は円錐形と円筒形の部品を持っています。 ノズルの最初の部分は出口でのジェットの速度を上げ、2番目の部分はシリンダーの形をしており、水をはねかけません。

ホースを30度傾けると、ウォータージェットが飛ぶ距離が長くなります。 路上での発火源を消すためには、ジェットのコンパクトな部分は17メートル以上であるべきではありません。

油圧衝撃は消防用ホース内の圧力の急激な増加を意味すると理解され、その結果は内部の水の速度の増加です。 ウォーターハンマーは長いパイプラインでは特に危険です。 大量の水がそれらの中を高速で移動し、ウォーターハンマーがパイプを破損させる可能性があります。 通常、この現象のリスクは、コルク弁が付いている消防砲身を急激に開閉すると発生します。 衝撃圧力は強い波でパイプラインを通って伝播し、その速度はパイプの壁の強度と水の強度に依存します。 たとえば、消防用ホースのウォータハンマーでは毎秒120メートルを超える速度が引き起こされることはまずありませんが、鉄筋コンクリートパイプの水では毎秒1300メートルに達する可能性があります。 調整装置内で発生した波は水の流れの「羊毛に対して」伝播する。 それらが自由表面またはポンプに達すると、それらは方向を変えて反対方向に動く。 調整装置が動作を停止すると、ウォーターハンマーはそのエネルギーが消費されるために消滅します。 波の経路が続くよりも長くバルブを閉じると、パイプライン内の圧力は最大レベルまで上昇しません。

水の流れ

屋外の消火水は多くの要因に左右されます。 たとえば、人口、地域内の階数、平均火災数などです。 地域は人工プールの大規模なネットワークであり、そこには快適な会議と消防車を駐車するためのプラットフォームがあります。 水の最小供給量は、都市開発1平方キロメートルあたり3000立方メートルに相当するはずです。 市の近くに屋外消火用水の供給源が多数ある場合、1つの火災プール内の給水量は1平方キロメートルあたりわずか1.55立方メートルになる可能性があります。 同時火災の推定数は、それらが占める面積によって異なります。 火災面積が150ヘクタール未満の場合は、1火災と見なされます。 そして150ヘクタール以上の場合は、2回の火災のために。

火を消すための水の消費量を計算するとき、彼らは建物の耐火性のレベル、その幅と容積、そして生産がどれほど危険であるかを考慮に入れます。 例として、専門家は工場で1回の火災を消すのにどれくらいの水が使われるかを計算しました、そしてそれは毎秒100リットルまで判明しました。 一方、農業企業は30リットルしか必要としないでしょう。 両方とも消える最短時間は少なくとも3時間です。

水道管の種類

屋外消防用水の供給源は、2つのタイプに分けられます:給水と給水。

ワイヤレスワイヤレス給水は、人工プールや自然の貯水池からの水の使用です。 インストールされた吸気装置の銀行や特殊車両を駐車するための設備の整った場所。

消火用水の供給は、行き止まりのネットワークや消火栓の給水栓からの水の使用に基づいています。

配管は分割して目的地にすることができます。 それらは鉄道、村、農業そして工業です。

まだ重力と圧力の水道管があります。 1つ目は、そこから水が消費者自体に流れるものです。 そのようなシステムは、水がとてもきれいな、湧き水である山岳地帯で最もよく使われています。 加圧配水管には、ポンプを通して水を運ぶものが含まれます。

必要条件

潜在的に危険な施設の近くのすべての建物や地域には合弁会社が設置されるべきです。 屋外の消火水の供給

そのような給水源は、天然および人工のプール、内部および外部のパイプラインであり得る。 天然プールをどの程度使用するか、人工プールの作成、および水の回収を補助する装置の使用は、連邦法によって決定されます。

cnでなければなりません。 居住地域、都市周辺およびその周辺における消火活動の外部給水源。 すべての集落は必然的に消防用パイプラインを備えており、これは飲用または生産用の水供給と組み合わせることができます。

外部給水源

これらが含まれます:

  • 消火栓を用いた外部給水ネットワーク。
  • 私たちの国の法律に従って消火活動に使用される水域。

人口5, 000人未満の居住地域、および別の建物では、火災危険のための生産区分G、C、Dの建物、冷蔵設備、野菜の中で、環状消火水供給のない1000立方メートル以下貯蔵施設、飼料貯蔵庫、肥料貯蔵庫は、人工のプールや天然の貯水池を使用することが許可されています。

1階から2階までの高さが18メートル以下で、鉄骨構造またはアスベストセメントシートが存在する生産施設での外部消火は、規則に従って毎秒約10リットルを消費します。

spで。 高圧の定置型ポンプを備えた外部消火用水の供給源は、火災の場合に5分以上ポンプの始動を遅らせることのないタイマーを装備しなければならない。

消火用給水の圧力が低い場合でも、水圧は10メートルを下回ってはいけません。

水路内の圧力が高い場合、ウォータージェットの高さは20メートル以上にならないようにしてください。

消火栓は、縁石から2メートル半以内のルートに沿って設置されます。 彼らは建物から5メートル以上離れてはいけません。 法律により、道路上の消火栓の位置は許容されます。 しかし、あなたはパイプラインの枝に消火栓を設置することはできません。

火災が発生した場合に、1秒あたり15リットル以上の流速で少なくとも2つの建造物から建物を消火できるように、または15リットル以下の流量の場合は1つの消火栓から建物を消火できるようにユニットを配置します。

製造施設における供給元の要件

生産設備はまたspを提供する必要があります。 屋外の消火水の供給 それらのどれからでもこの給水ネットワークによって供給される建物を消すことが可能であったように消火栓を持つことは必要です。

人工盆地の消火用水の量は、消火用水の浪費と消火期間を計算することによって決定されます。

消火装置

火のコラムが付いている消火栓はパイプネットワークに取付けられ、火を消すのに使用されている取水装置です。 それは火を消すために消防用ホースに接続する必要に応じて特別な装置ポンプまたは外部クレーンのための給水器として使用されます。

ファイアーコラム - 地下の消火栓に取り付けたり、開閉したりできるようにするための取り外し可能な装置。

列構造

  • 頭;
  • アルミニウム合金から鋳造されたAL − 6。
  • ソケットレンチ。
  • 直接ケース。

カラムの底部にはネジ付きのブロンズリングがあり、それを使ってカラムを消火栓の上に置きます。

消火栓のコラムは2つの装置の一種の雑種です。 直径66ミリメートルの圧力ホースを使用して水をその上に引き込むことができます。 水は特別な装置または火の樽に直接供給されます。

この装置は、火を消すための手段としてだけでなく、家庭用または飲料用にも使用できます。

火水検査

必要な場合には水の火源が常に用意されているように、外部の消火用水供給の適時チェックが行われます。 違反があった場合は、以下の対策が取られます。

  • 注意深い受信は水道システムを構築するだけでした。
  • 必要に応じて再構築。
  • 必要に応じて修理する。
  • 夏 - 春と冬 - 秋の期間のための給水システムの準備。
  • 水質テスト
  • 給水サービス間の密接な関係の確立。

外部の消火水の供給をチェックすることは、以下を含む規制に従って実行されます。

  1. GOST規格に準拠したポインタの検証、実際のデータへの準拠。
  2. 消火栓ロッド上の正方形と火柱からの正方形カップリングとの一致が確認される。 また、消火栓へのウェルネックの位置が一致していることもわかります。
  3. 火のコラムを使用して弁を開くことによる水注入。
  4. 幅3.5メートル以上の入り口があるかどうかを確認します。
  5. 確立された基準への排水穴の働きの遵守。 よく口がふたで閉じられているかどうか。
  6. テストの終わりに、彼らは行為を形成します。

これらの点に加えて、外部消火用水供給源の性能をテストすることは、水回収のために水供給ネットワークをテストすることを含み、それは年に一度開催されます。 結局のところ、テストは行為を構成し、それは水道施設の代表者と警備員の長によって署名されます。

勤務中の警備員はいつでも夏にPGチェックを行い、冬には-10℃以上の温度でのみ水を入れることが許されます。 温度が-20度に達すると、設備の外観検査のみを実行できます。 外部の消火水の供給を点検する頻度も時期によって規制されています。 例えば、摂氏-20度以下の温度では、消火栓がある場所の井戸の覆いを開くことは禁止されています。 これはすべて熱を節約するために行われます。

消火栓を開くためのチェックにソケットレンチを使用しないでください。 外部検査で消火栓の動作に後で影響を与える可能性のある欠陥が見つかった場合、それらは特別な行為を構成します。 ディスパッチャは、問題が見つかった場合は事業会社にファックスで通知する必要があります。 誤動作のある設置場所の正確な住所が、誤動作とは何か、ディスパッチャの名前、情報の送信日、受信側のファックスの名前など、ファックスに記載されています。 屋外給水源の点検頻度は特定されておらず、必要に応じて実施されている。 しかし、例えば、ある地域で問題が頻繁に発生する場合は、その問題が管理されます。 誤動作の解消の期限は附属書6に規定されている。 消火栓の故障が解消されると、消防署に報告されます。 勤務中の警備員は統制チェックを行い、その結果を特別なジャーナルに記録します。 マーキング後、デバイスは修理可能として指定されます。

夏の消火栓の点検はすべて水道事業者と任務の警備員の代表になります。 冬には、外部検査と欠陥の発見の後、彼らは代表を招き、外部の消火用水の供給源をチェックする行為を作成します。 サイトがネットワークから切断されている場合、5つの消火栓だけが機能しなくなる可能性があります。

5つ以上のユニットが配置されている給水システムのセクションをオフにする必要があるときは、水道事業者の代表は州消防隊の解散でオフになる5日前に現れなければならず、彼らの上司に同意します。

毎年、支部長は水道事業部長と一緒に、消火栓検査と放水試験の組み合わせに同意します。

新しい情報源の要件

「外部消火用水の供給源」という一連の規則があり、それが新しい供給源の受け入れを規制しています。 それらのいくつかを紹介します。

  1. パイプラインは、計算で示されているよりも0.5メートル大きく敷設する必要があります。
  2. 外的な火のパイプラインは水の一定の満ちることで、円形の円形システムとして提供されなければなりません。 行き止まりのネットワークはできません。
  3. 設置された消火栓がNorilskタイプではなく、互いに100メートルより近くに配置されている場合は、内部および外部の消火水供給をチェックすると違反が発生します。
  4. パイプラインの幹線の長さは、縁石から2.5メートル以内です。 消火栓はすべて、ドリフトブースから保護する必要があります。
  5. ユニットが設置されている場所では、道路の幅が特別な車両の妨げられない到着を確実にするべきです。 消火用水供給の規則に従って、屋外のMFは問題なく消防車に接続されるべきです、そしてこの目的のために快適な入り口があるべきです。 また、修理用バルブの間はパイプラインを分離する必要があります。

貯水タンクの要件

内部および外部の消火用水供給の検査には消防車の管理も含まれます。 後者は断熱する必要があり、水を+ 5℃に加熱します。 彼らは特別な機器のポンプで水を汲み出すための装置を装備する必要があります。

開放盆地の水量は、蒸発と氷形成の可能性を考慮して考慮する必要があります。 屋外プールの端は水位から半メートル以上離れることはできません。 消防車は、2つ以上の開放型貯水池であってはなりません。 各タンクには、消火に必要な水の半分が入っています。

水質検査

屋外の消火水供給の性能をテストするとき、考慮に入れます:

  • 消防池への特別な設備のための便利な入り口の利用可能性。
  • GOST 12.4.009PZに従ってポインターが設定されているかどうか、データが一致しているかどうか。

防火池へのアクセスは、幅4メートル以上でなければなりません。 また、外部消火用水の供給源の検証によると、近くに旋回用のプラットフォームが必要です。 それは一辺が12メートルの正方形です。 検査現場には換気とハッチがなければなりません。

水戻り試験

この手順は、任務担当官と水道事業の代表者によって行われます。 このようなテストの目的は、火災が発生しても問題なく水を使用できるかどうかを理解することです。 外部および内部の消火用給水装置は常に運転準備ができていて、故障している機器を交換する必要があります。

理論的なトレーニングは年に一度行われ、最も頻繁には春と夏の期間に行われます。

パイプラインセクションを低圧でテストするには、直径65 mm、長さ500 mmのスムーズボアノズルを備えたファイアーコラムだけが必要です。 プラグと圧力計も必要です。

水が供給された後、彼らは2分カウントし、圧力計のインジケータを見ます。 結果を表と比較して、水の消費量を計算します。

悪用する方法

消防装置は通りに沿って等しい(等しい)距離で配置されます。 通常、外部の消火水供給システムは、給水栓のいずれにも快適にアクセスできます。 それを見つけやすくするために、装置の位置の方向を示す反射サインが近くの建物に付けられています。

消防車は、2つの装置からそれぞれ2つのスリーブに沿って同時に水を汲み出すことができます。 装置のバルブを開く方法を知っておくことは重要です。

  • まず、ソケットレンチのハンドルを2〜3回転させて水を入れます。
  • 音が止まると、音は止まり、デバイスのバルブが完全に開くまでソケットレンチのハンドルを回し続けます。
  • ハンドホイールを反時計回りに回転させ、カラムのバルブを開くか、圧力パイプを開きます。
  • デバイスを閉じるには、逆アルゴリズムですべての操作を実行する必要があります。
  • カラムを緩めただけでは、ソケットレンチは動かないはずです。

外部の消火水の供給源を確認すると、すべての違反が明らかになり、それらが排除されます。 したがって、重要な瞬間には、すべてがうまくいきます。

技術規制

最も重要な情報は、SP 8 13130 2009「外部消火用水の供給源」に含まれています。 ここにいくつかの抜粋があります:

  1. Внешнее водоснабжение необходимо иметь на территории населенных пунктов и организаций. Такое водоснабжение может выполнять несколько функций: питьевую, производственную, хозяйственную.
  2. Разрешается не организовывать внешнее водоснабжение, если в населенном пункте проживает не больше пятидесяти человек и нет двухэтажных зданий.
  3. Качество воды из пожарных источников должно соответствовать способам тушения пожара и условиям использования специализированного оборудования.
  4. Необходимо создавать искусственный пожарный бассейн низкого давления. Для высокого давления в водоеме должно быть основание. Но в населенном пункте с населением не больше пяти тысяч жителей необходимо оборудовать противопожарный трубопровод только с высоким давлением.
  5. Свободный напор в сети объединенного трубопровода не должен быть меньше десяти метров и больше шестидесяти.

В СП 2009 "Источники наружного противопожарного водоснабжения" есть еще много требований и нюансов. Каждый пожарный и даже работник водоканала должен знать их, ведь от этого зависит жизнь многих людей.

Охрана труда во время эксплуатации ПГ

Чтобы использовать пожарный гидрант, крышку у него нужно открывать с помощью лома или крюка. Очень важно к этому действию подойти спокойно, без паники. Нельзя крышку от люка ронять на ноги, что может привести к увечью.

Когда температура воздуха достигает -15 градусов по Цельсию, проводят только внешний осмотр устройства. Если температура упала еще ниже, то люки открывать категорически запрещено. Устройства с водяным пуском проходят проверку с помощью колонки, потому что, применяя торцевые ключи или другие приспособления, можно спровоцировать аварию.

Маршруты сетей

В первую очередь они зависят от того, как расположены дороги, предприятия. С помощью внутреннего противопожарного водопровода тушат местные очаги возгорания, пока не приехала спецтехника. Такой водопровод состоит из трубопроводных сетей и стояков, на которых установлены внутренние пожарные краны. Стояки всегда находятся в общем доступе, например, на лестничных клетках или рядом с ними. Внутренний пожарный трубопровод в строениях обычно закольцован и получает питание только от наружного трубопровода.

Пред тем как приступить к строительству, очень тщательно формируют противопожарный водопровод. Он должен соответствовать следующим требованиям:

  1. Водная струя от крана пожарного должна расходоваться не меньше, чем 2, 5 литра в секунду.
  2. Компактная часть струи должна доставать до самой удаленной точки помещения.
  3. Пожарные краны располагают только в помещениях с отоплением и не ниже, чем полтора метра от пола.
  4. В случае установки кранов в месте, где не исключено замерзание, подводят воду только в утепленном месте.
  5. Краны должны быть на каждом этаже в отапливаемом помещении возле выходов или в местах общего доступа.
  6. Краны хранятся в шкафчиках, при них есть пожарный рукав и ствол. Над таким шкафчиком обязательно должна висеть надпись, которая указывает, что внутри.

Многоэтажные здания

Для каждого этажа здания или помещения разного назначения расход воды при тушении пожара нужно высчитывать отдельно. Но следует рассчитывать воду исходя из особенностей строения:

  • здания, которые не имеют противопожарных стен по общему объему строения;
  • здания, которые разделены противопожарными стенками первого и второго типа (в той части строения, где нужно больше всего воды).

Если здания с первой и второй степенью огнестойкости соединены между собой переходами из негорючих материалов, то считается расход воды отдельно.

Правила установки пожарных шкафов

Организация контроля за наружными системами противопожарного водоснабжения установила правила размещения пожарных шкафов. Сначала нужно разобраться, какие бывают шкафы. Они делятся на приставные, навесные, встроенные.

Пожарные шкафы навесного типа устанавливают на стены внутри помещений и сооружений.

Конструкции встроенного типа помещают в ниши зданий.

Пожарные шкафы приставного типа могут стоять и в нишах, и около ровных стен. Ножки шкафов находятся на полу.

Запорные клапаны должны обеспечивать:

  • легкое присоединение рукава, отсутствие заломов на рукаве;
  • легкость охвата клапана маховика и его повороты одной рукой.

Комплектация пожарных шкафов

В таком шкафу должны быть:

  • пожарные напорные рукава;
  • запорные пожарные клапаны;
  • головки соединительные;
  • огнетушители переносные;
  • пожарные ручные стволы.

Что такое противопожарное водоснабжение, должен знать каждый человек. Не менее важно соблюдать все пожарные нормы и требования. И необязательно обладать информацией на уровне профессионала, достаточно будет получения общих сведений. Нужно это все для того, чтобы в экстренной ситуации не растеряться и не поддаться панике, а начать противопожарные действия еще до приезда специальных служб. Таким образом, можно не только потушить возгорание и спасти человеческие жизни, но и предотвратить пожар и избежать жертв. Именно это является самой главной обязанностью всех граждан.

arrow